凸版印刷、「オンライン施設見学ソリューション」を大幅アップデート

凸版印刷、「オンライン施設見学ソリューション」を大幅アップデート

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/06/11
No image

凸版印刷は6月11日、2020年6月より提供している、工場・ショールーム・博物館・美術館などの施設見学をオンラインで行う「オンライン施設見学ソリューション」を、同日からアップデートして提供することを発表した。

凸版印刷とCCCマーケティング、非接触のロッカーを利用したマーケティング

このアップデートでは、参加者のニーズに合わせてアテンドを行うことができる360°VR映像や、実際に作業しているような疑似体験ができる作業員の主観映像など、事前に撮影した臨場感のある映像コンテンツを用いてライブアテンドすることで、現地のネットワーク環境等に左右されず、安定したクオリティで配信を行うことが可能だという。

また、オンラインでは把握が難しい参加者の反応を、感情確認デバイス「GX-ボタン」でリアルタイムに計測することで、参加者のニーズをLIVE配信に反映することが可能。事前に通信機能を持ったデバイス「GX-ボタン」が配布された参加者は「GX-ボタン」を押すことで、理解度を送信。集計されたデータはリアルタイムで可視化されることで、参加者の理解度やニーズに合わせたアテンドが可能となり、参加者のCXが向上するとしている。

参考価格は150万円〜(実施内容により変動)。

なお、提供開始に先立ち、完全オンラインで行われた凸版印刷の2021年度新入社員研修の一環として、トッパンコミュニケーションプロダクツ坂戸工場と凸版印刷の地方創生・観光立国の共創拠点「NIPPON GALLERY TABIDO MARUNOUCHI」の2拠点のオンライン施設見学を、同アップデート版を活用して実施したということだ。

早川厚志

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加