日本ハム守備乱れ敗戦 栗山監督「野球にミスはつきものだが...」

日本ハム守備乱れ敗戦 栗山監督「野球にミスはつきものだが...」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

◇交流戦 日本ハム3―10阪神(2021年6月9日 札幌D)

No image

<日・神> 2回無死二塁、近藤からの送球は大きくそれ、郡は捕れず(撮影・大森 寛明)

日本ハムは守備の乱れからペースを失った。1点リードの2回無死二塁、右翼・近藤が飛球を捕球後、タッチアップした走者に対して三塁送球。これが大きくそれてカメラマン席に飛び込み、同点となった。5回には1死一、三塁で大山のゴロを捕った三塁・郡が二塁に悪送球し、失点につながった。

「いろいろなミスが重なった。野球にミスはつきものだが、試合の中で取り返せなかった」と栗山監督。4回1/3で7失点(自責6)し、自身4連敗となった加藤は「相手に流れを渡してしまう投球をして申し訳ない」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加