オリックス・宮城が3日の西武戦で復帰「いいイメージを持って投げたい」

オリックス・宮城が3日の西武戦で復帰「いいイメージを持って投げたい」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/05/02
No image

オリックス・宮城大弥投手<写真=北野正樹>

◆ カード初戦に先発「嬉しいけど気にせず」

急性胃腸炎で4月23日に登録を抹消されていたオリックスの宮城大弥が、3日の西武戦(メットライフ)で復帰登板することになった。

宮城は22日の練習中に体調不良を訴えローテーションから離脱。「お腹痛いのは急に来ました。絞られてる感じで、練習の時がいちばん辛かったです。食事も出来ませんでした。栄養ゼリーは飲めたんですけど、固形物は食べられなくて。その日がいちばんキツかったです」と当時を振り返り、「次の日から少しずつ良くなって、2日経ったら良くなりました」と回復を強調した。

練習に関しては「みんな休んでいる日に体を動かしたりとかしました。休んでた割には意外と動けてたので大丈夫と信じてます」と語り、即復帰登板にも問題はない様子。本拠地での一軍練習にも合流しており、元気に練習に励む姿が見られている。

西武打線については「先頭を出したら走ってくる。エンドランを仕掛けて来たり、外人や3、4番は一発もあるので、そこの甘い球を気をつけて、しっかりゲームを作れるようにしたい」と先頭と主軸をマーク。「メットライフでは2回投げさせてもらってるので、いいイメージを持って投げたい」と意気込んだ。

先発ローテーションの一角として今季は4試合に登板し2勝0敗、防御率1.26の好成績を残している左腕の復帰はチームにとって大きい。今回はカード頭を任せられるが、「嬉しいですけど気にせずマウンドに入ろうと思います」と平常心で復帰のマウンドに上がる。

取材・文=どら増田

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加