日本ハム中田翔の大きく腫れ上がった右目 前日ベンチでバットたたき割り

日本ハム中田翔の大きく腫れ上がった右目 前日ベンチでバットたたき割り

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/08
No image

日本ハム対ソフトバンク 右目を腫らし練習する中田翔(撮影・黒川智章)

<日本ハム2-4ソフトバンク>◇8日◇札幌ドーム

日本ハム中田翔内野手(31)が、ソフトバンク3回戦で4番を外れることになった。この日、中田は大きく腫れ上がった右目でグラウンドに登場。打撃練習では柵越えを連発したが、守備練習などは行わなかった。ベンチスタートとみられ、4番は近藤健介外野手(27)が務める。

試合前の全体練習中に取材に応じた栗山英樹監督(59)は「目のところだから厳しそう。ちょっと今日は様子を見るかもしれない。」と説明。前日7日ソフトバンク戦(札幌ドーム)の試合中、ベンチ裏を通った際につまずいて転倒し、ぶつけたという。中田は5回に空振り三振後、6回の守備からベンチに退いた。指揮官は「頭にきて『もう代えるぞ』と。野球以外のところで、つまずいたりするのはナシでしょ。打てないのは仕方ないじゃん。一生懸命やっているんだから。それは、ダメっていう話をした」と、途中交代の経緯を明かした。

ベンチでバットをたたき割った場面については「こんなに負けていて、悔しさが出ないのはおかしい」とした上で「でも、見ている人たちだったり、不愉快な人たちもいるわけだから、そこはプロとしてちゃんとやってくれっていうお願いをした」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加