遠藤憲一「未来が楽しみに」なった一言 初共演の西郷輝彦から...

遠藤憲一「未来が楽しみに」なった一言 初共演の西郷輝彦から...

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2020/09/16

俳優の遠藤憲一さんが2020年9月15日、自身のツイッターで、この日最終回を迎えたドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」(関西テレビ・フジテレビ系)で初共演した俳優の西郷輝彦さんについて呟いた。

No image

「60代は最高だよ!」

遠藤さんは、「西郷輝彦さんとは初共演。俺が来年60になると言ったら、若いなぁ!60代は最高だよ!と言ってくれました。未来が楽しみになりました。そんな話ができる西郷さんはかっこいいよね」とツイート。

これをリツイートする形で西郷さんも「短いシーン2つだったけど、嬉しい緊張感でした。面白き60代を楽しんで下さい」と返している。「竜の道」では、遠藤さんは主役の玉木宏さんと高橋一生さん演じる双子の仇役、西郷さんは巨大ヤクザ組織会長役で、共に悪過ぎるほどの悪役を演じドラマを大いに盛り上げた。このツイートに、「こんなご時世に歳を取ることを楽しみに思えました」「遠藤さんも西郷さんもカッコいい~ 悪の華」「かっこいい先達は、憧れますね」「最高の悪役でした!」などの書き込みが相次いでいる。

遠藤です。
今夜9時から #竜の道 最終回です。
西郷輝彦さんとは初共演。
俺が来年60になると言ったら、若いなぁ!60代は最高だよ!と言ってくれました。未来が楽しみになりました。そんな話ができる西郷さんはかっこいいよね。

最終回、それぞれがどんな道を選ぶのか。今夜は2時間です。
みてね。 pic.twitter.com/9sx71olv8K
— 遠藤憲一公式 (@enken_enstower)
September 15, 2020
from Twitter

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加