【コラム】やっぱりファーストレディに専念か 韓国

【コラム】やっぱりファーストレディに専念か 韓国

  • Global news asia
  • 更新日:2022/05/14
No image

韓国イメージ

No image

韓国イメージ

2022年5月10日、韓国では、尹錫悦政権になった。政権で力を振るう人材については、それぞれの役職に何人かの候補がいる。日本のように総理大臣が新しく決まったからと言って、真夜中に天皇陛下を叩き起こして就任式を行う「なに生き急いでる?」的なことは、尹大統領はしないようだ。熟慮を重ね適材適所…と言って3月に当選してから、あまりにもゆっくり過ぎと言えばゆっくり、就任式までになぜ決まらない! 状態だが、日本人にはどうでもいいことだ。まあまあ候補者の肩を叩いてみると、ボワッと埃が舞ってしまう状態なのだろう。

と、他人を選ぶことに関しては慎重だが…ファーストレディだけは、もう配偶者しかいない(日本では頑なに裏に徹する意思を示した夫人がいる場合、または夫人が亡くなってしまった場合は、娘が代理することもあるが)。

韓国新大統領夫人に関しては、選挙中から、過去のいろんな疑惑が、ホコリどころか粉塵のように舞って、彼女は「夫が大統領になっても、私は一切表にはでません。ファーストレディはしません」と涙ながらに、国民に謝罪した。ご記憶の方も多いだろう。

さらに彼女は会社代表、事業をしており、夫の仕事にかかわる時間もないとした。つまり自分には財力があるので、夫の給与で生活はしないと言うことだろう。さらにさらに、プロポーズの際に、大統領が「自分が食事の支度をしますから」と誓ったことも明らかにしている。

大統領とは、家事と両立できる簡単な仕事なのだろうか。いや、家事を本気ですると大統領なんかしている時間などない~世界的な物価上昇で、特売のために公務を投げうって、スーパーの開店時間に並べるのだろうか、公務を抜け出してタイムサービスや赤札タイムに行けるのだろうか。主婦なめるなよ。

皆さんご存知の通り、かの国は息をするように前言を翻す。大統領夫人は、会社をたたむとのこと~たたむならたたむでいいのだが、従業員の転職など残務もしっかりやれよ! 。しばらくは、内助の功を発揮するそうだ。二人で出席しなければならないもの以外は出ない…これもそんなにしないで撤回される言葉。

夫の給料など在威力で生活していくのだ、彼女は。そして、デザイナーを雇い、ブランドと契約して「私費」内で請求書切ってもらって、公費でお支払いするファッションを身にまとうのだ。

選挙の結果が出た直後から、あらゆるマスコミで、女優ライトを駆使してペラペラ語っていたことから、すでにわかっていたといえばわかっていたことだが。

せいぜい、国民の反感を買わない程度のファーストレディに留まることを願うのみだ。大国アメリカでも、夫に続いて大統領になろうとしたファーストレディもいたから。

編集:fa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加