NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
五輪の交通規制で混雑 ハイヤー不足でタクシー多忙

五輪の交通規制で混雑 ハイヤー不足でタクシー多忙

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/07/21
No image

動画を見る(元記事へ)

オリンピックの交通規制で都内で、すでに渋滞が始まっています。さらに、その影響で青果店の営業にも支障が出ていました。

オリンピックに向けて19日から始まった大規模な交通規制。首都高速では一部、入り口閉鎖や時間限定で料金が1000円上乗せされ、その影響を受けてか、都内の一般道では各所で数キロの渋滞が発生しました。

規制の影響を免れないのは都内のタクシー会社です。

葵交通・田中秀和社長:「入り口が閉鎖され、結果、下道を通ることが多く、お客様の(時間と費用で)負担になっているので(乗車の際)丁寧に説明するよう話している」

また、大会関係者が入国後14日間、公共交通を使えず、専用バスやハイヤーで移動することからハイヤーが不足。タクシーが特例的に使用されています。

しかし、タクシーは一般客の乗車もあるため、換気や消毒など感染対策の徹底して行われています。

葵交通・田中秀和社長:「今、デルタ株があるので手で触るところ、シートベルト、感染防止シートも敷いているが、それもすべて除菌しています」

一方、渋谷区にある青果店。店前には営業時間の変更を伝える手書きの貼り紙が…。

恵比寿青果・奥澤満社長:「開店準備が間に合わないので」

恵比寿青果は通常、午前11時の開店ですが、交通規制の影響で1時間遅らせたといいます。

恵比寿青果・奥澤満社長:「きのう(19日)気が付いて、すごい渋滞だったんで、車が全然、動かなかったので、急きょ対策を取った」

大規模交通規制の影響は、巡り巡って買い物客にも…。

買い物客:「夏場(昼間は)暑いから11時から始まった方がいい」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加