子犬が盲目の犬のためにガイド役になる...いつもベッタリ仲良しの2匹

子犬が盲目の犬のためにガイド役になる...いつもベッタリ仲良しの2匹

  • らばQ
  • 更新日:2020/10/19
No image

緑内障によって視力を失ってしまった12歳のゴールデンレトリバー、タオ。

しかし子犬のオコと出会った日から、タオは幸せそうに暮らしているとのことです。

Little Golden Retriever Puppy Becomes A Guide For A Blind Dog

No image

タオの元にオコがやってきたのは、生後8週の赤ちゃんのとき。

No image

2匹はすぐに仲良くなり、オコは率先して目の見えないタオのサポートをするようになりました。

No image

オコはタオが大好きで、タオもオコの後ろをくっついて歩きます。

No image

すくすくと成長するオコ。

No image

もうすぐ肩を並べるようなサイズになっても間柄は変わらず、ベッタリのまま。

これからも2匹、イギリス・コーンウォールで仲良く暮らしていくことでしょう。

【子犬が盲目の犬のためにガイド役になる…いつもベッタリ仲良しの2匹】を全て見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加