森進一「離婚したくなかった」 Hiroとの親子共演で当時を振り返る

森進一「離婚したくなかった」 Hiroとの親子共演で当時を振り返る

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/11/22

歌手、森進一(73)が21日放送の特別番組、フジテレビ系「まつもtoなかい ~マッチングな夜~」(後9・0)に出演。歌手、森昌子(62)との離婚について言及する一幕があった。

同番組は、MCを務める松本人志(57)と中居正広(48)が“会わせてみたい2人”をマッチングし、対談する様子を“仲人”として見守るという実験的なトークドキュメンタリー。森の三男であり、ロックバンドMY FIRST STORYのボーカル、Hiro(26)が森の相手を務め、親子初共演となった。

森の離婚によって、離れて暮らすことになった親子。話題が離婚の話に及ぶと、森は「僕は別れたくなかったんですよ」と告白し、自身も当時のHiroと同じ小学校4年生のころに両親の離婚を経験していたと明かした。当時、Hiroも森へ「離婚しないでください」と懇願していたそうで、「彼女に『Hiroもこう言ってるじゃないか』って言ったんだけど、やっぱりダメだった」と振り返った。

離婚後、しばらくしてからHiroと再会した森は離婚したことを謝罪。すると、Hiroは「いいよ、逆に自分にとっては良かった。芸能家族のなかでいることが自分にプラスだったかどうか分からないからとても勉強になったんだ」と言ってくれたそう。そのやりとりを振り返った森は「ちょっとホッとしたんです」と頬を緩めた。

No image

MY FIRST STORY・Hiro

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加