どこでも本格的な料理の様子を披露できるアリアフィーナの循環式IH調理ワゴン「ARIACHEF Pro」

どこでも本格的な料理の様子を披露できるアリアフィーナの循環式IH調理ワゴン「ARIACHEF Pro」

  • @DIME
  • 更新日:2021/11/25
No image

スタリッシュな本体に室内循環フードとIHクッキングヒーターの機能を搭載

イタリアンデザインと日本のクラフトマンシップを融合させたレンジフードなどを展開するアリアフィーナは、ワゴンタイプの可動式IHクッキングヒーターに室内循環フードを組み込んだARIACHEF Pro(アリアシェフプロ)の受注を2022年1月5日より開始する。

ARIACHEF Proは、ヨーロッパで普及し始めているレンジフード一体型コンロの技術を応用。ホテルやレストラン、シニア向け賃貸住宅などで、プロの料理人のライブ調理を楽しむために開発された。

アリアフィーナのクリエイティブ・ディレクターであり、イタリア・エリカ社のデザインセンターを統括するファブリツィオ・クリサが手掛けたデザインは、従来の可動式調理ワゴンとは一線を画したもので、洗練された場所にふさわしいスタイリッシュな仕上がりとなっている。

ARIACHEF Proの主な特徴

・IHクッキングヒーターのトッププレートの中心から吸気
トッププレートの中心から煙を吸うため、IHクッキングヒーターの上部をフードで覆う必要がなく、調理の様子を見せることができる。

・汚れた空気を室内に戻さない3種類のフィルターを搭載
グリスフィルター・エアフィルター・脱臭フィルターからなる3種類のフィルターを通して、汚れた空気をろ過し、きれいな空気を室内に戻す。

・プロフェッショナルユースに応える4口タイプ
プロフェッショナルユースに応え、4口の熱源を保有しているため、同時調理が可能だ。また、前後の熱源を同時に制御できるブリッジ機能を搭載しており、これにより前後の熱源にまたがる大きな鉄板を置いても調理を行うことができる。

・単相200Vの電源があれば、場所を選ばず調理が可能
単相200Vの電源さえあれば、場所を選ばずどこでも調理が可能。またコンパクトなサイズ感(幅960×奥行き709×高さ850mm)であり、四隅にキャスターが付いているため、移動も容易。

No image

洗練された空間にマッチするステンレスボディ

No image

トッププレートの中心にある吸気フラップを開き、中央の送風機用コントローラーをまわすと吸い込み開始

No image

メンテナンスハッチを開けると、エアフィルター・脱臭フィルターの取り出しが可能

関連情報
https://ariafina.jp/special/ariachef/

構成/清水眞希

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加