“裸のぺこぱ”が『芸人ラジオ』表紙を飾った理由「松井勇太と成田秀平という文字を表紙に!」

“裸のぺこぱ”が『芸人ラジオ』表紙を飾った理由「松井勇太と成田秀平という文字を表紙に!」

  • QJWeb クイックジャパンウェブ
  • 更新日:2021/10/20
No image

ぺこぱのふたりが爆笑する写真と「裸のぺこぱ」というキャッチコピーの表紙が目を引く『芸人ラジオVol.2』(スコラムック)が、2021年10月6日に刊行された。

この本の編集を手がけた村上謙三久氏は「中年しか登場しない」「新時代の後追い」「じゃないほう芸人」という3つの企画をもとにこの本の制作を進めつつ、「松井勇太と成田秀平という文字を表紙に載せたい!」という思いがふつふつと湧いてきたという──。

【関連】霜降り明星、宮下草薙、ミキ、空気階段……お笑い芸人ラジオの新時代到来!『芸人ラジオ』発売に代えて

『芸人ラジオVol.2』3つの企画案

編集(特に雑誌やムック本の制作)という仕事のおもしろさにも苦しさにも、“企画を考えること”がつきまとう。もしかすると、今この文章を読んでいる方は「取材相手なんていくらでもいる」「企画なんて簡単に思いつく」と考えるかもしれない。しかし、ひとりの編集者が思いつくアイデアなんてたかが知れているものだ。あっという間に底を突く。

コンセプトや切り口がしっかりしてなければ企画が実現しないことは多々あるし、それ以前に門前払いで断られる場合も少なくない。週刊誌や月刊誌の編集者となると、365日24時間、企画案に追われる状況で、息つく暇なんてない。個人的な経験でいうと、季刊誌でも数年経つと息切れし、まったく話が進まない地獄のような企画会議を重ねることになるものだ。

そういう意味でいうと、ラジオ本を手がける現在の私はとにかく気楽だ。次号の発売時期がまったく決まっていない不定期刊行物で、年に1~2冊のペースだから、中身を考える時間はいくらでもある。ひとり編集部だから会議で揉めることもないし、ライター兼任だからすべて自分で形にできる。当然、収入にはつながらないという大きな問題点はあるにせよ、編集者という仕事を思う存分に楽しめている気がする。

No image

霜降り明星、宮下草薙、ミキ、空気階段……お笑い芸人ラジオの新時代到来!『芸人ラジオ』発売に代えて

お笑い芸人によるラジオが変わりつつある。その中心にいるのが、「お笑い第七世代」のブームも牽引している霜降り明星だ。その霜降りを表紙にして、お笑い芸人によるラジオの話題のみに特化したムック本『芸人ラジオ』が2020年9月12日に発売された。この本の編集人を務めた村上謙三久氏に、なぜ『芸人ラジオ』を作っ..

MORE

そんな恵まれた状況で、去年から本当に長い月日をかけて『芸人ラジオVol.2』の中身をボンヤリと練ってきた。とにかく時間だけはあったから、あれやこれや思いを巡らし、時にはツイッターで意見を呼びかけたり、知り合いのラジオリスナーにオススメ番組を聞いたりしつつ、今年の春先にはだいたい3つの企画案に落ち着いた。

1つ目は「中年しか登場しない」。前号は“芸人ラジオ新時代”を謳い一冊にまとめたから、今度は真逆で、OVER40のオッサン芸人しか取材しないのはおもしろいのではないかと考えた。

2つ目は直球の「新時代の後追い」。昨年に比べて、さらにお笑い芸人がラジオ番組を持つハードルが下がり、新しいかたちが生まれていた。そこを取り上げないわけにはいかない。

そして、3つ目は「じゃないほう芸人」。『芸人ラジオ』の前身である『お笑いラジオの時間』では、6年前に大谷ノブ彦(ダイノジ)、中川パラダイス(ウーマンラッシュアワー)、岩井勇気(ハライチ)を「じゃないほう芸人はラジオで活きる」という特集で取材していた。時間が経ち、新たな“じゃないほう芸人”がラジオで活躍している状況があったので、取材候補に事欠かない。この特集は絶対にできるだろうという手応えはあった。

「松井勇太と成田秀平という文字を表紙に載せたい!」

この3つの企画をまとめて一冊にするとして、じゃあ、誰を表紙にするか。だいたい本の制作期間は現実逃避として次の企画を考える場合が多い。6月に発売した『別冊声優ラジオの時間 ラジオ偏愛声優読本』の制作過程が佳境に入ったころ、ずっと今回の『芸人ラジオVol.2』をどうするのかばかり考えていた。

No image

工藤晴香、神谷浩史らが明かしたリスナー歴。声優のラジオ愛が詰まった本ができるまで

工藤晴香、神谷浩史、小野大輔、藤田茜、加隈亜衣など、人気声優たちが自身の個人的なラジオリスナー歴について語った『別冊声優ラジオの時間 ラジオ偏愛声優読本』が2021年6月21日に発売された。撮り下ろしグラビアは表紙・巻頭のみ、1万字以上のロングインタビューが並ぶ異色の声優本を手がけた『声優ラジオの時..

MORE

いろんな案が頭をよぎっては消え、よぎっては消えを繰り返すなか、突然、湧き上がってきた欲求が「松井勇太と成田秀平という文字を表紙に載せたい!」という思いだった。ただの思いつきだったと言っても過言ではないが、とにかく心が惹かれたのだ。閃いたあとは、これはけっこういいアイデアなんじゃないかと思うようになった。

ぺこぱは、この春から『オールナイトニッポンX(クロス)』(ニッポン放送)のパーソナリティになった。初期から松陰寺太勇とシュウペイではなく、本名の松井勇太と成田秀平を名乗って番組に臨むようになっていた。それをリスナーとして聴いていて、ずっと頭に引っかかっていたのだ。

No image

『芸人ラジオVol.2』表紙を飾ったぺこぱのインタビュー

実はぺこぱにはもっと前からつながりがあった。それは1年前に『芸人ラジオ』初号を作ったときのこと。当時、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送で単発特番を放送したぺこぱに取材オファーをしていたのである。個人的にはどの特番もおもしろく、3局からドラフト指名が入ったような印象を勝手に受けていた。

しかし、「特番をやっただけなので、話せることは少ないので、もしレギュラーが決まったらお願いします」と丁寧な返信があり、実現には至らなかったので、今回取材するのはとてもいいタイミングではと思った。そんな流れがあって、今回のぺこぱ取材は実現している。

『アルピーANN0』最終回の出待ちにいた人コラム

温めていた「『アルコ&ピースのANN0』最終回の出待ちにいた人コラム」

最初はただの思いつきだったのに、そこから一気にピースが埋まっていき、本全体の形が決まっていくのはおもしろいところ。ぺこぱの表紙起用が決まると、1年半で一気に4つのラジオ番組を担当するようになったオズワルドや、さまざまなシチュエーションでラジオに関わり、あとは地上波冠番組を持つだけという状況のヒコロヒーなど、次世代のラジオスターと言うべき存在はすぐ取材対象として思い浮かんだ。

じゃないほう芸人特集はそのまま実現。村上(マヂカルラブリー)の取材は、松井&成田の名前と同じように、表紙に「村上」と書いてあったらおもしろそう、というアイデアが発端になっている。東野幸治や錦鯉の取材も、「中年しか登場しない」という案を落とし込んだものである。

No image

マヂカルラブリー村上のインタビュー

No image

東野幸治×吉田豪「無邪気に笑う“最強の観察者”」

当初考えていた「芸人ラジオマスコミ座談会」という案を発展させ、最近話題になっているブレインスリープのラジオ担当者の取材と合わせ技にしたのが特集の「芸人ラジオへの過剰な愛情」。

以前から温めていた「『アルコ&ピースのオールナイトニッポン0(ZERO)』最終回の出待ちにいた人コラム」の人選は、過去に直接会って話したことのある人たちを選んだ。記憶はおぼろげだが、最終回出待ちの現場で、私は今回コラムを書いた3人と会っている。

向井慧(パンサー)のインタビューも『99人の壁』(フジテレビ)のお笑いSPで「芸人ラジオ」が題材になった際に、向井の名前が挙がったところから思い浮かんだもの。こんなふうに考えていくと、なんてことはないアイデアのかけらを寄せ集めて、「ええ~い!」と強引にひとつにまとめ、それっぽく外側を手直ししたのが今回の本のようにも思う。

No image

「ラジオだけが友達だった私の恩返し」奥森皐月が振り返る『99人の壁』|奥森皐月は傍若無人 #5

お笑いマニアであり、“ラジオ変態”を自称するほどのヘビーリスナーである17歳のタレント・女優の奥森皐月。8月14日放送の『99人の壁』(フジテレビ)では、お笑い芸人99人の最強の壁が出現。そんな壁に、週に30時間ラジオを聴く奥森が挑戦した。ラジオを愛するからこそのプレッシャーや、収録の裏側など、彼女..

MORE

「裸のぺこぱ」が決まるまで

表紙のデザインもまさにそんな感じだ。私が始めに考えたのは、前号の霜降り明星同様に、顔をアップにして、とにかく大きく「松井勇太」「成田秀平」の名前を載せるというものだった。本名=裸になるという連想をして、表紙のキャッチコピー「裸のぺこぱ」を決めた(もう1案が記事内で使った「ラジオは芸人を裸にする」だった)。

その後、取材に向けて特番を含めて過去の番組を改めて聴き直していく過程で、「とにかく番組内でふたりが楽しそうに笑うんだよなあ」という印象が強く残り、撮影直前に爆笑しているパターンもいいんじゃないかと思いつく。カメラマンに見せたイメージは『オードリーのオールナイトニッポン 一年史』の表紙。

No image

『オードリーのオールナイトニッポン 一年史』大修館書店/2011年

笑顔の写真をたくさん撮った中から現在のものをチョイスし、この番組のリスナーの総称である“GREEN MAN”にあやかった緑色をデザイナーがたまたま背景にセレクトして、思いつきや偶然が重なり、今回の表紙になった。

No image

『芸人ラジオVol.2』表紙

ビジュアル面は本来ならもっと明確にコンセプトを絞って作っていかないと、取材対象にも迷惑をかけてしまうのだが、何はともあれ、最終的にはおもしろい&興味深い一冊になった。果たしてこんな作り方でいいのかわからないが、本の編集方法に正解などない。気が早いようだが、制作できるかどうかわからないにもかかわらず、もうすでに私は次号の内容をなんとなく考えている──。

芸人ラジオ Vol.2 (スコラムック)

村上謙三久

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加