スエズ運河で新たに2隻のタンカーが座礁

スエズ運河で新たに2隻のタンカーが座礁

  • GIGAZINE
  • 更新日:2021/04/07
No image

2021年4月6日、エジプトのスエズ運河で2隻のタンカーが座礁したと報じられました。スエズ運河では2021年3月23日にコンテナ船「エバー・ギブン」が座礁し、その後6日間にわたって船舶の往来を遮断する事故が発生したばかりですが、今回座礁した2隻は記事作成時点で通常の運行に戻っているとのことです。

GAC - Grounded tankers refloated & resumed transit (UPDATED)

https://www.gac.com/news--media/hot-port-news/ballast-tankers-grounded/

Two Aframax tankers ran aground in Suez Canal | RUMFORD - FleetMon Maritime News

https://www.fleetmon.com/maritime-news/2021/33257/two-aframax-tankers-ran-aground-suez-canal/

No image

海運に関する情報を掲載するニュースサイト「GAC」が、日本時間の4月6日16時10分頃にスエズ運河を北上するタンカー2隻が座礁したと報じました。GACはタンカーの名称を特定していませんが、船舶の位置をリアルタイムで追跡するサイト「FleetMon」によると、座礁した1隻目はイタリア船籍の石油タンカー「RUMFORD」、2隻目はギリシャ船籍の石油タンカー「MINERVA NIKE」だとのことです。

FleetMonによると、座礁地点はスエズ運河にあるグレートビター湖の南で、エバー・ギブンが座礁した地点から北に20kmほど離れた場所だとのこと。

No image

座礁後、RUMFORDはスエズ運河庁のタグボートによって離礁作業が進められ、およそ3時間後には通常の運行に戻ったとのこと。また、MINERVA NIKEも4時間ほどで離礁に成功し、タグボートによって曳航(えいこう)されているとGACは報告しています。

スエズ運河で発生したエバー・ギブンの座礁事故に関しては、専門家が「最も厄介な方法で立ち往生した」と述べ、およそ6日間にわたって船舶の往来が妨げられたことで知られています。

No image

スエズ運河でのコンテナ船事故の一部始終について専門家が解説 - GIGAZINE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加