ビリの座は茨城から栃木へ…魅力度ランキングで両県の抗争激化は必至か

ビリの座は茨城から栃木へ…魅力度ランキングで両県の抗争激化は必至か

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2020/10/17

「ブランド総合研究所」の調査による「2020都道府県魅力度ランキング」がこのほど発表されました。注目は7年連続のビリに喘いでいた茨城県がついにどん底を脱し、42位へと上昇したこと。そして代わりに最下位へと沈んだのが、茨城県にとって「宿敵」ともいえる栃木県だったことです。

No image

・今すぐ読みたい→
あなたのお住まいは何位?運動にストイックな県ランキング https://cocokara-next.com/fitness/prefectural-rankings-that-are-stoic-for-exercise/

ある茨城県の関係者は言います。

「17年9月に就任した大井川和彦知事のもと、県は18年に『プロモーション戦略チーム』を結成するなど、魅力度向上に心血を注いできました。茨城の出身でグロービス経営大学院学長の堀義人さんが中心となり、『いばらきビリ県脱出連携会議』をたちあげ、その豊富な人脈を駆使して民間レベルでも茨城の魅力を発信し続けたことも大きかったと思います」

一方、ビリの座に沈んだ栃木県の関係者は怒りが収まりません。

「栃木がビリってありえます? 日光東照宮に華厳の滝、いろは坂、鬼怒川温泉に那須高原…。宇都宮は餃子で有名。全国レベルでもこんなに魅力がある。『GoToトラベル』キャンペーンで週末の温泉地は首都圏からの予約でいっぱいですよ。このご時世、最下位の県に行こうと思いますか? 実態とかけ離れすぎている。いったいどんな調査をしているのか」

そしてこう続けます。

「少なくとも茨城よりは上でしょう。県の職員はみんなそう考えています。茨城に有名な温泉、ありますか? 新幹線の停車駅、ありますか? とちおとめにレモン牛乳…全国的に愛されているブランドばかりなのに、理解に苦しみます」

すると、茨城県の関係者はこう反論するのです。

「まあ、ウチも栃木よりは上でしょうね。何といっても海がある。夏場は栃木県民が大洗や那珂湊の海水浴場を目指して大挙訪れるものだから、普段使いの道が混んじゃってしょうがない。我々はクルマのナンバーを見ながら『栃木渋滞だ』と苦笑するんですよ。鹿島アントラーズのような全国区の強豪チームもある。ウチとしては今後、千葉さんを仮想敵として魅力度向上に努めたいです」

ちなみにこのランキングを決めた「ブランド総合研究所」の社員は同社ホームページによると、約10人…。これだけの人数で各都道府県の知事から県民まで、ランキングを見つめて感情を振り乱しているのですから、何とも痛快な企業といえるのかもしれません。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
あなたのお住まいは何位?運動にストイックな県ランキング https://cocokara-next.com/fitness/prefectural-rankings-that-are-stoic-for-exercise/

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加