デパイではなかった...クーマンが獲得を最も熱望したのは“ベルギーの怪物”

デパイではなかった...クーマンが獲得を最も熱望したのは“ベルギーの怪物”

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/09/16
No image

クーマンが最も熱望したFWルカク

FCバルセロナとインテル・ミラノはこの夏を通して様々な選手について交渉してきた。アルトゥーロ・ビダル、ジュニオル・フィルポ、ラウタロ・マルティネス...。そしてこのリストに新たな名前が登場した。

カタルーニャ・ラジオ『Esports 3』の報道によると、ロナルド・クーマンがバルセロナの監督就任直後に獲得を要求した最初の選手は、インテルのFWロメル・ルカクだったという。

このところの報道では、バルサのオランダ人監督が獲得を熱望するのは、オリンピック・リヨンのFWメンフィス・デパイと伝えられてきたが、彼が最も欲したのはベルギーの怪物ストライカーだった。

同メディアによると、クーマンはルカクの才能に「惚れていた」という。両者は2016-2017シーズンのエヴァートンで共闘している。このベルギー代表FWは、マンチェスター・ユナイテッドと契約する前に、そのポテンシャルを存分に発揮していた。

クーマンにとって、27歳のルカクはルイス・スアレスの代役として理想的な存在だった。バルサは提案を検討したが、クラブの財政状況から、アントニオ・コンテ監督の柱の一人であるベルギー人との契約はすぐに不可能となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加