冬の降雪量は北日本から西日本の日本海側で多い予想 ラニーニャ現象の影響

冬の降雪量は北日本から西日本の日本海側で多い予想 ラニーニャ現象の影響

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

2022/11/25 17:12 ウェザーニュース

ウェザーニューズは25日(金)、今冬(12~3月)の降雪傾向を発表しました。ラニーニャ現象の影響で北日本から西日本の日本海側は雪の量が平年並みか平年より多い予想です。

ラニーニャ現象の影響

今冬は、ラニーニャ現象の影響で上空を流れる強い西よりの風、偏西風が日本付近で南に蛇行するため、シベリア高気圧の南東への張り出しが強くなり、西日本を中心に寒気の流れ込みやすい時期がある見込みです。

このため、東日本から西日本の日本海側の降雪量は平年並みか平年より多くなる予想となっています。

北日本は冬型の気圧配置が強まる時期や低気圧の影響でまとまった雪が降る日があり、降雪量は平年並みか多くなることが見込まれます。

雪のピークは1月後半 太平洋側で積雪の日も

No image

雪のピークは1月後半と予想され、強い寒気が南下した場合は北陸や山陰を中心に大雪となるおそれがあります。また、雪雲は日本海側だけに留まらず、名古屋市を含む濃尾平野や大阪市を含む関西、瀬戸内などでも雪の積もる所がある予想です。

昨シーズンに続いて3年連続で冬にラニーニャ現象が発生した状態となるため、昨冬と同様に北日本から西日本の日本海側は雪への備えを行ってください。

また、1月中旬からは南岸低気圧の影響で、関東甲信の平野部でも雪の降る可能性があります。関東平野で雪が積もった場合は交通機関への影響が大きくなりますので、最新の情報をご確認ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加