ガーミン、ソーラー充電に対応したアウトドアGPSウォッチ「INSTINCT」

ガーミン、ソーラー充電に対応したアウトドアGPSウォッチ「INSTINCT」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/07/09
No image

ガーミンジャパンは7月9日、アウトドアGPSウォッチ「INSTINCT」の新製品として、ソーラー充電機能を搭載した「INSTINCT DUAL POWER」シリーズ(3モデル)を発表した。7月16日から順次発売する。

ガーミン、日本がテーマのスポーツ用スマートウオッチ - 3,000本限定

○INSTINCT DUAL POWER ベーシックモデル / CAMO EDITION

INSTINCT DUAL POWER ベーシックモデルは、「INSTINCT」シリーズの基本性能をそのままに、新たにソーラー充電機能を搭載。本体カラーは、ベーシックモデルの5色(Graphite、Tidal Blue、Orchid、Sunburst、Flame Red)に加えて、2色の迷彩カラー「INSTINCT DUAL POWER CAMO EDITION」の計7色となる。価格はベーシックモデルが46,800円(以下すべて税別)、INSTINCT DUAL POWER CAMO EDITIONが49,800円。

ソーラー充電に対応したことで、稼働時間がスマートウォッチモードで最大24日間+30日間、GPS+光学心拍計モードで最大30時間+8時間と大幅に延びている。バッテリーをより長持ちさせる「パワーマネージャー」も新たに搭載した。

そのほかの新機能には、スイミング中の心拍状態を計測できる水中心拍や、BODY BATTERYなどがある。BODY BATTERYは、心拍数に基づいて計測されたストレスや睡眠などから、体のエネルギー量を計算し、行動の参考にできる機能。また、釣りアクティビティと狩猟アクティビティにも対応した。

ディスプレイサイズは23×23mmで解像度は128×128ドット。防水機能は10ATM(100m防水)。衛星測位はGPS、GLONASS、GALILEO、みちびき(補完信号)をサポートする。センサー類は、光学式心拍、電子コンパス、気圧・高度計、加速度計、温度計を内蔵。

ライフログ機能として、ステップ数、スリープモニタリング、消費カロリー、週間運動量、ストレススコアなどを記録できる。32MBのメモリを内蔵し、本体サイズはW45×D15.3×H45mm、重さは53g。
○INSTINCT DUAL POWER TACTICAL EDITION

INSTINCT DUAL POWER TACTICAL EDITIONは、ミリタリー機能を備えたワンランク上のタフネスモデル。BlackとMossの2色を用意し、価格は49,800円。

暗視モードの「ナイトビジョン」では、画面のバックライトが低下し、ゴーグルをつけた状態でも画面の表示をはっきりと確認可能。「ジャンプマスターモード」では、ミリタリーのガイドラインに沿って高度を計算し、目的地点までの下降ルートをナビゲートする。「ステルスモード」は、GPSの軌跡や位置情報の共有を停止する機能。そのほかの仕様や機能は、ベーシックモデルと共通。
○INSTINCT DUAL POWER SURF EDITION

INSTINCT DUAL POWER SURF EDITIONは、サーフィンアクティビティを備えるモデル。CloudbreakとPipelineの2色を用意し、価格は49,800円。このモデルのみ8月下旬の発売。

満潮・干潮の時間を確認できるタイドグラフ(潮汐表)と、サーフィンアクティビティ機能を搭載。サーフィンや釣りなど、マリンスポーツファンに向けたモデルとなっている。そのほかの仕様や機能は、上記のベーシックモデルと共通。
○INSTINCT DUAL POEWER 発売記念バンドプレゼントキャンペーン

INSTINCT DUAL POWERシリーズの発売を記念してキャンペーンを実施。購入対象期間に専用サイトでアンケートに答えると、交換用のシリコンベルトをプレゼント。購入対象期間は2020年7月16日~同年9月30日。応募締め切りは2020年9月30日。

リアクション

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加