遼河はるひ、夫と作った料理で問題が勃発「私の方が正しいと思っていた」

遼河はるひ、夫と作った料理で問題が勃発「私の方が正しいと思っていた」

  • アメーバニュース
  • 更新日:2021/01/13
No image

元宝塚歌劇団員で女優の遼河はるひが12日に自身のアメブロを更新。夫と一緒に作った料理で問題が勃発した日の出来事をつづった。

この日、遼河は「毎日のおウチご飯 いかに、、、楽しくするか!!!ということで。。。 今夜は、お好み焼きに」と夫と一緒にお好み焼きを作ったことを報告。

続けて「キャベツたっぷりと、山芋をすって」と述べ、会員制倉庫型スーパー『コストコ』のシーフードミックスを入れた海鮮風や定番の豚肉のお好み焼きを作ったことを明かし、完成したお好み焼きの写真を公開した。

一方で「上手く焼けたは、焼けたんですが。。。。 この後です」と述べ、「ソース、マヨネーズ、青のり、鰹節粉、鰹節、、、その、、、かける塗る順番問題勃発!」と夫との間に問題が勃発したことを説明。遼河は「ソースベッタリに、マヨネーズ多め、鰹節粉、鰹節、最後に青のり」だといい、夫は「ソース、マヨネーズ、鰹節粉、青のり、最後に鰹節」と鰹節と青のりをのせる順番に違いがあったことを明かした。

最後に「私の方が正しいと思っていたけど。。。 写真見ると。。なんだか。。。敗北感」と述べ、自身と夫のお好み焼きの比較写真を公開。「正しい順番、、、知りたい」とつづり、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「自分の好きな食べ方で味付けするのが一番」「美味しそう」「気にした事がなかった」などのコメントが寄せられている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加