新型コロナウイルス感染症で変化した働き方について Citrixの調査と結果

新型コロナウイルス感染症で変化した働き方について Citrixの調査と結果

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/04/06
No image

Citrixは3月18日、新型コロナウイルス感染症で変化した働き方について、調査を実施したと発表した。

調査の結果から、5割を超える従業員がテレワークとオフィス勤務の両立を図るハイブリッドなワークスタイルの継続を望んでいることが明らかになった。

Citrixは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が今後の仕事に与える影響を理解するため、OnePollと協力し12ヵ国の7250人の従業員を対象に調査を行ない、パンデミックが始まってから仕事に対する姿勢や期待がどのように変化したか評価した。

本調査から以下の3点が明らかになった。

1:コロナ以前の働き方には戻りたくない

新型コロナウイルス感染症のパンデミック後、どのように仕事をしたいかという質問に対して、以下の結果が得られた。

・回答者の52%が、毎日、リモートで働くかオフィスで働くかを選択できるハイブリッド・ワークを望んでいる ・16%がオフィスに戻ることを望んでおらず、恒久的にリモートでの仕事を希望している ・45%が、もし転職するとしたら、柔軟な働き方やテレワークの選択肢がある仕事しか引き受けないと回答 ・75%近くが、職場に通勤しなくても同等のクオリティーの仕事が出来るなら、別の都市への引越しを検討する可能性があると回答

No image

新型コロナウイルス感染症のパンデミック後、どのように仕事をしたいか

2:テレワークで増える仕事

テレワーク環境下で、仕事とプライベートの境目がなくなり、勤務時間が増加傾向にある。また、同社によると生産性を維持しながらも、多くの人が苦労しているとのこと。明らかになった点は、以下の通り。

・41%が、家庭環境(子供、ペットなど)で気が散ると回答 ・28%が、仕事を進めるための適切なテクノロジーやアプリケーションが不足していると感じている ・36%が、同僚と連絡が取れず、孤独を感じている

No image

ストレスを感じる要因

3:従業員体験の重要性が増す

同社は、コロナ後の世界で確立されたポジションを築くために企業に求められることは、必要な人材の惹きつけと維持に注力することだと述べている。

必要と考えられる要素は以下の通り。

・統一されたワークスペース:あらゆるチャネル、デバイス、場所で、生産性を高めるために必要なすべてのリソースに一貫して確実にアクセスできる。 ・セキュアワーク:コンテクストに基づいたアクセスとアプリのセキュリティーにより、どこで仕事をしていてもアプリと情報の安全性が確保される。 ・仕事の簡素化:機械学習、仮想アシスタント、簡素化されたワークフローなどのインテリジェンス機能により、仕事の体験を個人化、ガイド、自動化することで、ストレスを減少させ、パフォーマンス向上に期待ができる。

■関連サイト

ニュースリリース

Citrix

ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加