BL東京、同時に2人退場 珍事で闘志、リーグワン初勝利

BL東京、同時に2人退場 珍事で闘志、リーグワン初勝利

  • 毎日新聞
  • 更新日:2022/01/15
No image

【大阪-BL東京】前半、BL東京のトッド(中央)が飛び込んでトライ=ヤンマースタジアム長居で2022年1月15日、長宗拓弥撮影

ラグビーのNTTリーグワン1部第2節は15日、大阪・ヤンマースタジアム長居などで3試合が行われ、B組のBL東京は大阪を35-16で降し、新リーグ初勝利を挙げた。

横浜が2連勝 浦安は初黒星 ラグビー・リーグワン1部

珍事が闘志を奮い立たせた。BL東京が同時に2人の退場者が出る危機を乗り切り、リーグワン初白星をつかんだ。

ハプニングは16点リードの後半21分に起きた。相手陣での肉弾戦で途中出場のファアウリとロックのディアンズが大阪の選手に危険なタックルを見舞った。ファアウリは一発退場、ディアンズはシンビン(10分間の一時的退出)となり、同時にレッドカードとイエロカードが示される珍しい事態になった。

しかし、正念場を迎え、BL東京の選手たちにスイッチが入った。「13人になってから、戦う姿勢を見せられた」とはフランカーのトッド。大阪のFB吉沢も「(13人になり)一人一人の集中力が上がった」とBL東京の変化を感じ取っていた。

目的が明確になったことで、接点の鋭さが一段と増し、組織防御が機能する。ブレークダウンでは人手をかけずに圧力を与え、7人でのスクラム、自陣でのモールと巧みに対抗した。無失点で時計の針を進めると、後半31分、数的不利をはね返して得たPGを仕留め、勝負を決めた。

トッドは「相手にとっては『点を取りたい』と思い、プレッシャーになると理解していた。12人でプレーした経験もあるし、落ち着いていた」と振り返る。アタックでは2トライをマークし、勝利に導いた33歳の元ニュージーランド代表は「緊急対応が必要な時にできた」と勝因を分析する。窮地を脱し、新リーグ元年の名門復活への道が始まった。【長宗拓弥】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加