限定用途なのに万能スパイス!羊肉特化型ピリ辛クミン塩!「羊名人(よーめーじん)」

限定用途なのに万能スパイス!羊肉特化型ピリ辛クミン塩!「羊名人(よーめーじん)」

  • ippin
  • 更新日:2021/05/04
No image

By羊齧協会主席(ラムバサダー) 菊池一弘

久しぶりの羊ネタ! 注目度急上昇中の「羊名人(ようメ〜じん)」

No image

今、急激にその力を見せ始めている熱い調味料があります。その名も「羊名人(ようメ〜じん)」という事で、ものすごく久しぶりの羊ネタです。

羊好きの方からすると「その話題結構前じゃないか!」と言われるかもしれません。しかし、以前サイゼリアの「アロスチーニのスパイスに似ている!」という爆発的な広まりの後、

羊名人は地道に販路を広げ、マルエツで見た!ヤオコーで見た!と、様々な量販店で採用されつつあります。

私も、何気なく入った店で羊名人を見て驚くこともしばしば。このようなマニアック用途限定調味料としてはかなりの大躍進ではないでしょうか??だって羊専用スパイスですよ!

初めての人に説明すると羊名人は「ピリ辛クミン塩」とのジャンルになります。唐辛子やクミン、五香粉などが配合されていて、中華要素を感じつつも、広く様々な料理に適応可能な万能調味料です。

特に、脂なじみが良く炒め物から焼きものまで、脂と溶け合い肉のおいしさを一気に高めます。羊向きに開発されていますが、羊以外の肉ともものすごくあいます。豚でも、牛でも、はたまたフライドポテトでも!色々楽しんで頂ける万能調味料としてお楽しみください。

そして、この「羊名人」の面白いところは「消費者とともに歩んだ調味料」というところです。もともとの処方は麻布十番の名店。飄香の井桁シェフが開発した物を、一般向けに改造したものですが、こちら、もともとは消費者主導の羊肉イベント「羊フェスタ」の為に、開発されたイベントの時限定の調味料なのです。

毎回羊フェスタで販売され、必ず完売しておりました。そのうち問い合わせが来るようになり、開発販売をしていた中華・高橋さんが一般向けの製品化に踏み切ったというバックストーリーがあります。

メーカーが開発し、消費者が買う!ではなく、消費者が盛り立てて行き、消費者たちが育てていった調味料なので、羊好きの愛が思いっきり詰まっています。

実際、私は何かしたわけではないのですが、

このような由来もあり、非常に愛用している調味料です。

コロナ期にかかわらず、羊肉需要は堅調な伸びを見せ、

羊肉を扱うお店もたくさん出てきています。皆様も、羊名人で

この時期ならではの家羊ライフをお送りくださいませ。

No image

羊名人(ようメ〜じん)40g

株式会社 中華・高橋

羊齧協会主席(ラムバサダー)菊池一弘の記事をもっと読む!

羊齧協会主席(ラムバサダー) 菊池一弘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加