14世紀、プラハに建築された頑強な石造りの橋、カレル橋。当時、どのように建設したのかを表すCG映像

14世紀、プラハに建築された頑強な石造りの橋、カレル橋。当時、どのように建設したのかを表すCG映像

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2020/10/18
No image

1357年から1402年にかけて建設された、チェコ、プラハのカレル橋。

長さ515.7メートル、幅9.5メートル、現在も残る頑強な石橋が、どのように建設されたのかをわかりやすくまとめたCG映像。

一番最初の、橋の基礎となる部分を作る工程、枠を作って水を抜いていく所が面白かった。

【オススメ記事】飼い主から問い詰められた犬、犯人が誰かを密告した結果……

Karl?v most - Stavba pili?e a klenebniho pole ve 14. stoleti

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

kotaro269

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加