甲子園出場後に高校中退。そこからプロを目指す「生意気な」右腕の個性

甲子園出場後に高校中退。そこからプロを目指す「生意気な」右腕の個性

  • Sportiva
  • 更新日:2020/10/16

ずいぶんダイナミックなフォームになったな----。

タマホームスタジアム筑後の先発マウンドに立った戸田懐生(なつき)を見て、そう思わずにはいられなかった。

美貌に釘付け!横浜DeNAのチアリーダーたち

No image

最速150キロを誇る徳島インディゴソックスの戸田懐生

身長170センチ、体重70キロ。野球選手としては小柄な体格だが、両腕を振りかぶってから左足を上げ、さらに上下に大きく段を作ってから体重移動する。腕が高い位置から出てきて、角度をつけてボールを叩きつける。高校時代の戸田のイメージはセットポジションであり、2段モーションでもなかった。3年の時を経て、躍動感が一気に増した印象を受けた。

「強いボールを投げたいという思いから、フォームを大きくしました。小さい体をいかに使うかを考えたときに、全身を使って2段モーションにして勢いをつけたほうがいいと思いました」

薄い青地に縦縞の入ったユニホームは、藍色に変わった。高校2年夏は東海大菅生で松本健吾(亜細亜大)、山内大輔(武蔵大)らと強力投手陣の一角をなし、西東京大会では清宮幸太郎(日本ハム)を擁する早稲田実や日大三を破って甲子園に出場。戸田は3回戦の青森山田戦で先発し、1失点完投勝利。チームはベスト4まで進出した。

だが、そこで戸田のキャリアは小休止する。右ヒジの故障により高校を中退し、通信制高校に転校。ヒジが回復すると、東海大菅生時代の指導者を通じて四国アイランドリーグ・徳島インディゴソックスに入団した。規定により昨季はドラフト対象外だったものの、今年は指名解禁になる。

今季は自己最速の150キロをマークした。常時140キロ台中盤とスピードは出ているものの、本人は現状にまったく満足していない。

「この1年、ずっと速い球を投げたい、力強い球を投げたいと追い求めて、体をつくって、フォームを試行錯誤してきました。でも、自分の理想のイメージからすれば、今の球は50パーセントくらいで......まだまだです。一番いいのは、バッターがわかっていても空振りする球。今はスピード的にももうひとつ物足りないです」

10月7日、ソフトバンク三軍との交流戦では、6回を投げて被安打3、奪三振8、与四球2、失点1の好投。「高校時代に練習試合で対戦して、たしかエンタイトルツーベースを打たれていたので意識しました」という増田珠(横浜高出身)を3つのフライに抑え込んだ。

体は小さくても、マウンドでの態度はやけにふてぶてしい。それは高校時代から変わらなかった。戸田にそんな印象を伝えると、「相手はみんなすごい選手たちですけど」と前置きして、こう答えた。

「ピッチャーやっている以上、気持ちの部分で負けたらいけないので。常に相手のバッターより上に立って、上から見るというか。もしプロ(NPB)に行くならここで打たれていたらダメなので。ここを完璧に抑えてこそ、上に行けると思っています」

第1打席で変化球をレフトスタンドに運ばれた黒瀬健太に対しては、2打席目に外のカットボールでバットを折りショートゴロに打ち取った。戸田は「いい修正ができました」と負けん気の強さを滲ませた。

今季からインディゴソックスを率いる吉田篤史監督は、冗談めかして「生意気なヤツですよ」と戸田を評して、こう続けた。

「でも、若いうちはそれくらいがいい。いい子なだけじゃダメだし、負けず嫌いじゃないと。戸田はマウンドでそれが見えます」

その言葉を聞いて、ふいに頭によぎったのが山岡泰輔(オリックス)だった。東京ガス時代の山岡は、チームの先輩から親しみを込めて「小僧」と呼ばれ、実績のある年長捕手のサインに平気で首を振る投手だった。体格といい、内面といい山岡を彷彿とさせるが、戸田は「そう見てもらえるのはうれしいです」と言ったきり乗ってこない。

◆一芸でプロ入りを目指す隠れた逸材たち>>

誰かに似ていると言われるより、自分の個を認めてもらいたい思いが強いのではないか。そう聞くと、戸田は力強く「そうですね。まさにそれです」と答えた。自分は自分、他人は他人。強烈な自我の持ち主なのだ。

最大の魅力は20歳という若さだろう。吉田監督は「全体的にまだボールが高いので低めに集められるようになれば、ハイリリースな角度をより生かせて打ちづらくなる」と課題と期待を口にする。

昨年まで7年連続でドラフト指名(育成を含む)を受けている徳島インディゴソックスは、今年も戸田だけでなくドラフト指名が有力視される好素材がひしめいている。

縦に鋭く落ちるナックルカーブを武器にする亀山英輝、身長190センチ、体重95キロの大型右腕・森祐樹、山本由伸(オリックス)によく似たフォームの楢崎塁、19歳の素材型右腕の行木俊などがスカウト陣からマークされている。

DeNAやオリックスなどNPBでも投手コーチを務めた吉田コーチは、投手に対してこんなアドバイスを送っている。

「独立リーグではストライクゾーンで勝負できるようじゃないと、上ではとてもじゃないが勝負できない。ストライク先行で、決め球を持つこと。落ちる球がないと上では厳しいですから」

チームメイトに対しても、戸田は「負けたくない。だから練習できる」と闘争心を燃やしている。こんな貪欲なハートを持った投手がNPB球団に飛び込んだら、若手の競争意識を煽る貴重な存在になるかもしれない。

最後に戸田は決然とこう語った。

「自分にはアピールすることしかできません。ドラフトまでに『この時こうすればよかった』と思うようなことがないように、1球1球を全力で投げたいです」

今年も徳島は指名ラッシュに沸くのか。その筆頭候補が戸田懐生なのは間違いない。

菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加