「突然パフォーマンスが崩壊した」アルファタウリをF1公式サイトも「カタールGPの敗者」に選出

「突然パフォーマンスが崩壊した」アルファタウリをF1公式サイトも「カタールGPの敗者」に選出

  • THE DIGEST
  • 更新日:2021/11/25
No image

スクーデリア・アルファタウリにとって、F1第20戦カタール・グランプリは失望に満ちた週末となった。

土曜日まではピエール・ガスリー、角田裕毅ともに好結果を残し、予選では前者が4番手、後者が8番手と、いずれもトップ10入り。さらに決勝のスターティンググリッドでは、2番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と3番手のヴァルテリ・ボッタス(メルセデス)がグリッド降格のペナルティーを受けたことで、ガスリーがフロントローを手に入れた。

コンストラクターズ・ランキング5位を目標としているアルファタウリにとって、過去2戦で同ポイントで並んでいたライバルのアルピーヌ(フェルナンド・アロンソが5番手→3番手、エステバン・オコンが9番手)を上回ったことは大きく、ここで追い抜き、ポイント差をつける大きなチャンスが到来したと思われていた。

しかし、スタートすると「予想外」(角田談)で「衝撃的」(ガスリー談)なペース不足によってどちらも大きく順位を落とし、最終的にガスリーが11位、角田が13位とダブルノーポイントでのフィニッシュ。一方、抜群のパフォーマンスを発揮したアルピーヌはアロンソが実に7年ぶりの表彰台(3位)を達成し、オコンも5位入賞を果たして、計25ポイントを加算し、残り2レースにして大きすぎるアドバンテージを得ることとなった。

イタリアのモータースポーツ専門メディア『MOTORIONLINE』が「重要な瞬間に突然、AT02のパフォーマンスは崩壊した」と表現したイタリア・ファエンツァのチームの躓きを、F1公式サイトも取り上げ、「カタールGPの勝者と敗者」と題した記事において、ボッタス、ウィリアムズ勢、フェルスタッペン、ダニエル・リカルド(マクラーレン)とともに後者に選出され、以下のように理由が綴られた。

「カタールでのレース前、アルファタウリは力強い走りを見せ続け、前の4レースで28ポイント(今季の全ポイントのちょうど25%)を獲得していた。そして、このGPの予選で両ドライバーがトップ10に入ったことで、素晴らしいフォームを継続するための準備が整ったものと見られていた。しかし、ガスリーはタイヤのデグラデーションが激しく、角田は捨てバイザーがリアウイングに引っかかるアクシデントでともに早期のピットストップを余儀なくされ、ペースを回復することができなかった」

また、同メディアは「チームとしてポイント獲得に失敗したのは、直近の7レースで3回目である」とも紹介。ちなみにアルピーヌはここまでノーポイントに終わったレースは2つであり、ここからもライバルを上回る安定感を窺わせる。そして、表彰台に上がったアロンソ、25ポイントを獲得したアルピーヌの両方を、同メディアは「勝者」として称賛した。

「スマートやタイヤマネジメントと、チームメイトのオコンがセルジオ・ペレス(レッドブル)を抑え込んでサポートしてくれたおかげで、2014年ハンガリーGP以来のポディウムを確保した。ちなみに過去35年間で表彰台に立った40代のドライバーとしては3人目であり、他はナイジェル・マンセル(1994年オーストラリアGP)、ミハエル・シューマッハー(2012年ヨーロッパGP)の2人である」(アロンソ)

「アルピーヌのパッケージは、ロサイル・インターナショナルサーキットに合っていることが明らかになった。1レースでの獲得ポイントとしては、37点を稼ぎ出したハンガリーGP(オコンが優勝でアロンソは4位)以来、2番目に多い。これでアルファタウリを大きく引き離し、チャンピオンシップ5位の大本命となった」(アルピーヌ)

なお、他の勝者はルイス・ハミルトン(メルセデス)、アストンマーティン勢、フェラーリ勢、ペレスとなっている。

構成●THE DIGEST編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加