「僕はうつ病になりました」朝倉未来が衝撃告白! 大みそか後の無気力状態を語る「夜中に生死を考えるぐらい」

「僕はうつ病になりました」朝倉未来が衝撃告白! 大みそか後の無気力状態を語る「夜中に生死を考えるぐらい」

  • THE DIGEST
  • 更新日:2022/01/15
No image

「おそらく僕はうつ病になりました」

衝撃的な事実が明らかになった。現地時間1月14日に総合格闘家の朝倉未来は、自身のYouTubeチャンネルを更新し、昨年の大みそかに行なわれた格闘技イベント「RIZIN.33」で斎藤裕に勝利した後に軽いうつ病になっていたと赤裸々に告白した。

壮絶な撃ち合いだった。20年11月の対戦で敗れていた斎藤に「絶対に勝つ」とリベンジを誓っていた朝倉は、きっちりと主導権を握った試合運びを披露。3-0での判定勝利を飾って、2021年を締めくくっていた。

試合直後には安堵の表情を浮かべていた朝倉。しかし、2021年を振り返った今回の動画内で、「試合から2、3日経って、何をするにもやる気がおきなくなった。虚無感がすごくて、ひどい時は夜中に生死の事を考えるぐらい」と明かし、「病院に行っていないのでわからないですが、おそらく僕はうつ病になりました。軽いですけど」と続けた。

リング上でのパフォーマンスや表情からは、にわかには信じがたい。だが、「動画見ている人たちも『何を言ってるんだ』と、『負けたわけじゃないだろう』と思う」と語った29歳は、自身の症状を淡々と明かした。

「逆に負けた時はやる気がみなぎっていたんです。でも、今回は人生の中で1、2を争うぐらいのプレッシャーの中での試合だったんで、勝利して、燃え尽き症候群かわからないですけど、食欲もなくなって何にもやる気が起きなくなりました。1日寝たら治るかなと思ってたんですけど、治らなかった」

深刻なメンタル面の変化について「すごいプレッシャーだったことと、急にプレッシャーから解放されて多分なったんじゃないかなと思っています」と自己分析を展開。さらに「次の目標が大事だなと気づいた。挑戦をずっとしないといけない性質なんだと気づきました」と語り、現在は「段々よくなり始めている」という。

今年7月15日には、かねてから「引退する」としていた30歳となる。そんな節目の年に向け、本人は「今年は人生で1番頑張る年にする」とプランを口にした。

「今年で格闘技を引退する可能性もあるし、もし格闘技を引退したらYouTubeも辞める可能性もあるなと。そこで急にやるべきものを失った時に大みそか後みたいなことになりかねないなと思った。今の自分の生活にとって格闘技とYouTubeは必要不可欠なんだなと知りました。それを失っても後悔しないように今年は頑張ろうかなと思いました。2022年は誰よりも努力して少しでも長くこの2つと付き合っていけるように頑張っていこうかな」

「一生懸命に頑張って人生を変えたいと思っています」。そう決意を新たにする朝倉の闘いに注目したくなった。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】大みそかを彩った珠玉の攻防! 朝倉未来vs斎藤裕のハイライトをチェック

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加