Sky、クライアント運用管理の新版「SKYSEA Client View Ver.16.3」

Sky、クライアント運用管理の新版「SKYSEA Client View Ver.16.3」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/06/10
No image

Skyは、企業・団体向け クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.16.3」(スカイシー クライアント ビュー バージョン16.3)を開発、6月9日より販売を開始したと発表した。

Sky、「SKYSEA Client View」と「FFRI yarai」が連携強化、新オプション2つ

「SKYSEA Client View」は、資産管理・ログ管理・セキュリティ管理といった『情報漏洩対策』や『IT運用管理』を支援する機能を搭載。サイバー攻撃に対する多層防御や、組織のテレワーク運用を支援する機能なども搭載しているほか、各メーカー様の製品と連携することで、各種対策をさらに強化できるる連携ソリューションも提供している。

「SKYSEA Client View Ver.16.3」では、紛失したPCをリモートロックし、第三者の不正利用による情報漏洩を防ぐ「紛失端末制御」機能や、FFRIセキュリティ社製「FFRI yarai」と連携し、マルウェア対策をさらに強化する「EDRプラスパック」をオプションで提供する。

そのほか、テレワーク環境での情報漏洩リスクの軽減や、安全なインターネット利用を支援する各種機能も搭載する。

紛失したPCをリモートロックする機能では、紛失したPCへ画面ロックやデータ削除をリモートで実行し、第三者の不正利用を阻止することで情報漏洩を防ぐ「紛失端末制御」機能をオプション提供。PCの大まかな位置情報を確認することもできるという。

「FFRI yarai」と連携では、「EDRプラスパック」オプションとして、FFRIセキュリティ社製「FFRI yarai」がクライアントPCのマルウェア感染を検知した際、「SKYSEA Client View」がPC上のマルウェアを隔離する。また、検知したマルウェアを基にほかのクライアントPCが感染していないかを自動で調査し、マルウェアが確認された場合は同様に自動で隔離するという。

テレワーク環境での情報漏洩リスクの軽減では、組織外で利用するPCでの印刷を禁止する機能を改善し、PDFファイルの出力のみ許可することで、印刷物の紛失による情報漏洩リスクを軽減する。

安全なインターネット利用では、組織内ネットワークへのVPN接続を強制することで、テレワーク中のPCの安全なインターネット利用をサポートする機能を強化。PCが組織内ネットワークに接続しているかを、「SKYSEA Client View」のサーバーとの通信確認を通じてチェックする。

そのほか、アプリケーション単位で印刷操作を禁止する機能を追加したほか、従量制課金接続のデータ使用量削減のために、HTTP(S)通信のソフトウェア配布制限が可能になった。また、ファイルサーバー上に作成できる「自動暗号化フォルダ」の最大数を拡張。20,000台以上の大規模環境でも「マスターサーバー名変更ツール」が利用可能になった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加