惑星誕生の瞬間を捉えた?520光年の彼方のガス円盤に特徴的なねじれを観測

  • Engadget
  • 更新日:2020/05/21

欧州南天文台(ESO)の超大型望遠鏡(VLT)を使った観測で、惑星が誕生する瞬間を捉えることができた可能性があると天文学者が報告しています。これまで、ケプラー宇宙望遠鏡などにより大量の太陽系外惑星が発見されています。これら惑星は、理論的には宇宙を漂うガスや塵が円盤状に集まり、凝集して惑星が形成されたとされているものの、実際にどのようにして誕生するかを観測した例はありませんでした。Astronomy

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加