縮毛矯正にボリュームを抑える効果はあるの?

縮毛矯正にボリュームを抑える効果はあるの?

  • 頭美人
  • 更新日:2021/07/26
No image

縮毛矯正にボリュームを抑える効果はあるの?

雨の多くなる時期は、くせの強い方や天然パーマの方に、縮れ毛の方には髪の悩みが多い時期でもありますよね。

特に湿度が高くなると、ボリュームが出たり、うねったり・・・

そんな時の解決方法のひとつが縮毛矯正です。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

縮毛矯正の特徴

簡単に言うと縮毛矯正とは、「くせ毛や縮れた髪を直毛にする施術」です。

1つ目の薬剤で髪の組織を分解して、髪の毛を柔らかくします。

柔らかくなった髪をストレートアイロンなどで熱を加えて真っすぐにし、2つ目の薬液で髪質をキープさせます。

一度縮毛矯正をすると、かけた部分はストレートが半永久的に続きます。

しかし、伸びてきた部分はストレートにならないため、また縮毛矯正をかける必要があります。

同じ髪を伸ばすストレートパーマよりも縮毛矯正の方が持ちがよくなりますが、熱を加えて伸ばすため髪へのダメージは大きくなります。

縮毛矯正にボリュームを抑える効果はあるのか

くせ毛や縮れ毛の方の悩みの1つはボリュームが出てしまうこと。

縮毛矯正は薬剤を使って半永久的にストレートが持続する施術なので、くせが落ち着きボリュームのない扱いやすいストレートヘアにすることができます。

結論、縮毛矯正だけで十分ボリュームを抑えることができます。

そのため、くせが弱い方やボリュームが少ない方が縮毛矯正をすると髪がペチャンコになってしまうことがあるため、美容師さんと相談してから施術をしてもらうか、ストレートパーマをかけることをおすすめします。

縮毛矯正をかけることで、洗髪後にドライヤーで乾かすだけでくせやうねりのなく、ボリュームを抑えたストレートヘアになるため、特にうねりやくせの強い人にとっては大きなメリットとなります。

朝のスタイリング時間の短縮になりますし、その上雨や湿気で髪が広がったり、思うように髪がまとまらないというストレスからも解放されます。

髪の毛量が多いけどくせが強くなく、適度にボリュームだけダウンしたい方や、髪にボリュームのない方は、自然な仕上がりでボリュームダウンできる縮毛矯正よりストレートパーマをおすすめします。

どちらにしても施術前に信頼できる美容師さんと相談の上、施術してもらうようにしましょう。
湿気の多い時期、きれいな髪で過ごしたいですね。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加