「取り上げてもらいたくないので...」記者に“異例のお願い”をした岩渕真奈の真意

「取り上げてもらいたくないので...」記者に“異例のお願い”をした岩渕真奈の真意

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/22
No image

試合後に田中のPK失敗について言及した岩渕。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

優しきエースが仲間を気遣った。

7月21日に行なわれた東京オリンピック女子サッカーのグループステージ第1戦で、なでしこジャパンは強豪のカナダと札幌で対戦。1-1のドローに終わった。

開始6分に、警戒していたクリスティン・シンクレアにいきなり先制点を奪われる苦しい展開のなか、後半頭から投入された田中美南がいきなりPKを獲得。だが、自ら蹴った絶好機を外してしまう。

それでも、84分にエースの岩渕真奈が見事な抜け出しから、ファインゴールを決めて同点に追いつき、PK失敗が致命傷になるのは避けられた。

【動画】「Radio-Canada Sports」公式ツイッターが公開、岩渕真奈の「チーム全員の気持ちが乗ったゴール」
試合後の会見で、岩渕はピッチに入ったばかりの田中に「蹴れば?」と声を掛け、PKを譲ったことを明かした。自身もカナダの厳しいマークに苦しむなか、初戦でゴールが欲しかったはず。しかも、日本女子代表の新記録となる5試合連続ゴールがかかっていたのにだ。

しかし、結果的に田中がセーブされてしまい、この失敗に注目が集めるのを危惧した。重圧がかかる場面で、PKを譲ったことにも少なからず責任を感じていたのだろう。

「PKのミスについては取り上げてもらいたくないので…。記者の皆さんにはポジティブにお願いしたいです」

敗れていれば、否が応でもPK失敗がクローズアップされたはず。自らの一撃で、嫌なムードを払拭した10番を、田中は頼もしく思ったことだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】日本女子史上初の5試合連続ゴール!なでしこを救った新No.10岩渕真奈!

【五輪代表PHOTO】日本女子1-1カナダ女子|窮地を救ったのは岩渕!起死回生の同点弾でカナダとドロー発進!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加