青山ひかる[インタビュー]コスプレ女子役の苦労話を告白「頭皮が死にそうになってました(笑)」映画『グレーゾーン』出演

青山ひかる[インタビュー]コスプレ女子役の苦労話を告白「頭皮が死にそうになってました(笑)」映画『グレーゾーン』出演

  • Pop'n'Roll(ポップンロール)
  • 更新日:2021/05/02
No image

(C)2020宏洋企画室

青山ひかるが、6月4日(金)より上映される映画『グレーゾーン』に出演する。同作では、黒崎家の次女で、コスプレ女子の美鈴役を務める青山。本記事では、そんな青山が同作出演への想いや役柄、見どころなどについて語ったインタビューをお届けする。

【画像はこちら】

――映画『グレーゾーン』への出演おめでとうございます。

青山ひかる:

ありがとうございます! 今回は、極道のお話でコメディなんですけど、最後のどんでん返しがすごくて面白い作品となっております! こんな世の中ですが、たくさんの人に観てもらいたいですね。そして笑って、ちょっと感動して、たくさん驚いてもらいたいです(笑)。

――本作での黒崎家の次女・美鈴役はどのような役でしたか?

青山ひかる:

黒崎家の中で1番、喜怒哀楽がハッキリしている子です! 口はかなり悪いんですが、うちに秘めてるものはちょっと私の学生の頃と似てたりします(笑)。とにかく、あまりガニ股で歩かないように……小物も意外と持っているので、その持ち方などを忘れないように。衣装を汚さないようになど……かなり演技より衣装面などの方を意識して撮影していました!

――コスプレをしての撮影となりましたが、普段からコスプレをしている青山さんの中でこだわったことは?

青山ひかる:

なんでも合うように、カラコンを自分で見て買ってきました。メイクさんから衣装に合わせてネイルもいただいたので現場で塗ったり、塗り直しも自分でしました! 髪色も、もともとは黒だったのですが、バンス(ウィッグ)の色に合わせて染めて撮影に挑みました。ほぼツインテールだったのですが、ずーっと引っ張られているので、途中、撮影してない時はバンスを外してました。終盤では、頭皮が死にそうになってました(笑)。

――アクションシーンもかなりありましたね。

青山ひかる:

久しぶりにアクションをやりましたが、衣装が衣装なので、かなり動きにくい感じでした……! なので、軽いアクションをつけてもらってありがたかったです(笑)。実は、傘が武器になっているんですが、ちゃんとトリガーも作られていて、美術さんのすごさを改めて感じました! ちゃんと衣装に合わせて傘も替えていたので、美鈴ちゃんはオシャレな人ですね(笑)。トリガーがついている笠も別にあったので、傘は3本ぐらいあったのかな? 間違えないように気をつけてました!

――本作の見どころを教えてください。

青山ひかる:

先ほども言ったんですが、軽い気持ちで観てると最後ら辺で思考が追いつかない可能性があります(笑)。難しく考えてもダメです(笑)。何にも考えず、そのままの映像・音を観て聴いてもらいたいですね。私の場合、深く考えすぎて最後がよくわからなくなりました(笑)。ただ、何も考えずに観てると笑えるし楽しい作品です! この世の中、悲しい話ばかりなんですが、難しいことや嫌なことを忘れて何にも考えずにこの映画で笑ってちょっと感動して驚いてください(笑)。

――最後に一言お願いします。

青山ひかる:

『グレーゾーン』をシリーズ化したら楽しそうなので、ぜひ、応援してもらいたいです! 映画の感想をSNSで「#映画グレーゾーン」とつけてつぶやいてください! 私は絶対に見ます。よろしくお願い致します!(笑)

No image

(C)2020宏洋企画室

No image

(C)2020宏洋企画室

No image

(C)2020宏洋企画室

No image

(C)2020宏洋企画室

No image

(C)2020宏洋企画室

関連リンク

青山ひかる公式Twitter

青山ひかる公式Instagram

映画『グレーゾーン』

No image

(C)2020宏洋企画室

キャスト:宏洋、西原愛夏、青山ひかる、黒条奏斗、和田奈々、浪花ゆうじ、絹張慶、仁科克基(特別出演)、中村ゆうじ

企画・統括:宏洋

プロデューサー:與五澤健人

協力プロデューサー:嶋田豪、西前俊典、J

音楽:サニーミュージック

ラインプロデューサー:牧義寛

監督補:佐野智樹

撮影:ふじもと光明

照明:江川斉

録音:土屋和之

美術:津留啓亮

衣裳:江橋綾子

編集:田巻源太

殺陣師:森崎えいじ

主題歌:「灰色の空」(作詞:宏洋/作曲・歌唱:ウタエル Utael)

劇中歌:「バースデーラッシュ」(歌:ERECTRIC JELLYFISH/作詞:永野仁美/作曲・編曲:八巻俊介)

音楽プロデューサー:谷口広紀

監督・脚本:宏洋

制作協力:北海道映画舎、アイエス・フィールド

配給協力:アイエス・フィールド

製作・配給:宏洋企画室

2020年/日本/カラー/100分/ビスタサイズ/5.1ch

【あらすじ】

関東に君臨する極道、黒崎家と白川家。彼らは長い間、敵対しており、今なお激しい抗争が絶えなかった。そんな中、黒崎家の当主・黒崎弦信が暗殺された。刑事が密かに容疑者とみなしたのは、黒崎家の後継者争いをしていた弦信の3人の子どもたち。黒崎家に拾われて使用人として働く灰原龍は、刑事の依頼で3人の情報収集をし始める。だが、その事件の裏には、世代を超えて家族が抱える深い闇と秘密が潜んでいた……。

No image

(C)2020宏洋企画室

関連リンク

公式サイト

公式Twitter

©2020 宏洋企画室

Pop'n'Roll 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加