「意外性」があるとパールがぐんとあかぬける「左右違いのパールイヤリング」【毎日使いのジュエリー講座】

「意外性」があるとパールがぐんとあかぬける「左右違いのパールイヤリング」【毎日使いのジュエリー講座】

  • Marisol ONLINE
  • 更新日:2021/10/15

ジュエリーの中でもなじみが深いパール。冠婚葬祭からカジュアルまで合うけれど、コーディネートによっては老けても見える手ごわいアイテム。今回はパールをこなれて見せる方法を伊藤美佐季さんが伝授。耳もと、手もと、胸もととパーツごとに今っぽいパールの選び方、見せ方をレクチャー

Profile:
伊藤美佐季
ジュエリーディレクター、スタイリスト。フィレンツェに遊学、帰国後スタイリストに。つける人の個性を生かしたスタイリングは、女性誌のほか多くの女優からも支持が厚い。近著に『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』(ダイヤモンド社) jewelryconcierge_m

「意外性」があるとパールがぐんとあかぬける

上品で、日本人の肌に最も映えるパール。しかし、そのままつけただけでは、きれいにまとまりすぎてつまらなかったり、少し老けて見えたりする落とし穴があるアイテムだと思うんです。マリソル世代が今っぽくパールをつけこなすポイントは、「意外性」。そもそもパールはタイムレスな美しさを誇るものなので、それをあえてくずしてみる……例えば、アシンメトリーなつけ方にしてみたり、カジュアルな服に合わせたり。少し大胆かな? 遊びすぎ? と思うくらいのコーディネートでも、パールが元来もっているエレガンスがちゃんと主張して、大人の装いに仕上げてくれるから大丈夫。「破調」の意外性があると、パールはぐんとあかぬけて見えるんです。逆にネックレスと一粒パールのピアスをおそろいでつけたりすると少し古くさく見えるので要注意。意識的に「スキ」をつくること。これがパールをおしゃれに見せるコツなのです。

■左右違いのパールイヤリング

イヤカフがブレイクし、左右で違うイヤリングをするのがトレンドの今。ゴールドでたくさんのイヤリングをレイヤードすると、どこかパンクの香りが漂って、ハードめのパンチが出てしまうけれど、パールなら遊んでも上品に仕上がる。

左右でパールの種類を変えるとこなれ感が増す

今っぽいパールのイヤーアイテムがそろうTASAKI。左右でパールの種類を変え、あえてバランスをくずすことでしゃれ感がアップ。

No image

1)「デンジャー イヤリング」(YG×あこや真珠)¥278,300(片耳価格)・2)「デンジャー ピアス」(YG×あこや真珠)¥198,000(両耳価格)/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)

No image

3)「アブストラクト スター イヤリング」(SAKURAゴールド×淡水真珠)¥264,000(両耳価格)/TASAKI ニット¥63,800/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)

※RG=レッド(ローズ)ゴールド、YG=イエローゴールド、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド、PT=プラチナを表します

【Marisol10月号2021年掲載】撮影/長山一樹(S-14) スタイリスト/伊藤美佐季 ヘア/shuc(o 3rd) メイク/TOMOHIRO MURAMATSU(関川事務所) モデル/竹内友梨 構成・文/湯澤実和子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加