「僕は来季もドルトにいる」...ベリンガムが断言! シティ入りの戦友にも言及

「僕は来季もドルトにいる」...ベリンガムが断言! シティ入りの戦友にも言及

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/05/14
No image

イングランド代表MFジュード・ベリンガム(18)がドルトムント残留を宣言した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。

【動画】【No.1は誰だ】シティDFラポルテがチームメイトを格付け

2020年夏にバーミンガム・シティからのドルトムント入りだったが、瞬く間にドイツ屈指の強豪でもポジションを掴み取ったベリンガム。まだ18歳だが、2年目の今季もその地位揺らがず、逸材だらけのスリーライオンズでも期待感が高まるばかりだ。

そんな活躍の裏で錚々たる有力クラブの関心も取り沙汰され始めてもいるベリンガムだが、ドイツ『Ruhr Nachrichten』で来季もドルトムントでプレーする意思を示している。

「僕が頭を巡らせる唯一の未来はドルトムントでの次の試合だけ。来季が本当に楽しみだ。始まるのが待ち遠しいね。僕は来季もここにいる。準備できているよ」

また、来季からのマンチェスター・シティ入りが内定した同僚のノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(21)にも発言。寂しくなる思いを吐露しつつ、シティ入りを祝福した。

「彼にはいちフットボーラーとして次のステップに進めるのはすごく嬉しいと伝えたよ。彼は選手としても、男としても素晴らしいんだ」

「それが一番寂しいところだね。彼は本当に良い性格の持ち主でもある。ああいう選手を獲得できたシティはすごくラッキーだと思うよ」

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加