都会の真ん中でバードウォッチング 初心者でも観察しやすい野鳥9種類

都会の真ん中でバードウォッチング 初心者でも観察しやすい野鳥9種類

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/07/22

都会のビルの合間にも、実はたくさん生息している野鳥たち。

通勤や散歩の途中に、彼らの生活をちょこっと覗いてみませんか。

都心部の公園に生息していて、初心者でも探しやすい、9種類の野鳥を写真家の菅原貴徳さんに伺いました。今度の休日はのんびりバードウォッチングなんていうのもいいかも。

よく目を凝らせば、都心部でも多くの野鳥に出会えます

No image

「都心の公園で実際に観察すると、意外と多くの野鳥に出合えることに驚くはず」と語るのは、国内外で野鳥を撮影する写真家、菅原貴徳さん。実は、都内には、一年を通して様々な鳥が生息しているそう。

「初夏から夏は、渡り鳥が飛来する冬に比べて種類は多くはないものの、春の繁殖期を経た子育て時期なので、鳥の数自体は豊富です。都内では浜離宮恩賜庭園や上野恩賜公園内の不忍池、井の頭恩賜公園、葛西臨海公園、水元公園などがおすすめ」(菅原さん)

双眼鏡と基本的な図鑑さえあれば手軽に始められるが、気をつけたいのが野鳥との距離感。

「近づきすぎると、おびえて飛んでいってしまいます。自然な行動を見るのが醍醐味。“見せてもらっている”気持ちを大事に、人間の気配を感じさせず、双眼鏡で見られるぐらいの遠めから観察しましょう」(菅原さん)

BIRD WATCHING

●tips1 双眼鏡は8~10倍レンズのものを

初心者には倍率が8~10倍、口径が25~30mmの双眼鏡がおすすめ。ピントは左右の視力に合わせ、同じ対象物を使って、片目ずつ調整する。また野鳥を見るときは、木の幹伝いに追っていくと、見たい位置を見失いにくい。

No image

8×25 WP II GRN 7980円(編集部調べ)/オリンパス

●tips2 目ではなく、まずは耳で探そう

「高く、生い茂った木々に隠れる野鳥の姿を目で探すのは、至難の業。耳で鳴き声をキャッチしてから、鳴き声が聞こえる方向を探すと効率的です」(菅原さん)

鳴き声を図鑑で予習しておけば、出合いのチャンスが広がる。

●tips3 見つけやすいのは断然、水辺!

鳥は、池などの水辺にいるものと森にいるものに分かれるそう。

「水辺にいるカルガモやアオサギなどは、隠れるものがない分、木々にいる野鳥よりも姿を見つけやすく、双眼鏡でも追いやすいので、初心者向きです」(菅原さん)

初心者でも見つけやすい 都会で暮らす鳥たち

都会の公園に生息していて、初心者でも探しやすい、菅原さんおすすめの9種類の野鳥とその特徴をご紹介。

●カルガモ

No image

「グエー グエッグェ」

カモの仲間。池などに一年中生息。全体に茶色と褐色の濃淡模様があり、先だけ黄色い、黒いくちばしが特徴。メスオス同色。太く大きな声で鳴く。

●コゲラ

No image

「ギイー ギイー」

日本で一番小さなキツツキ。森林に一年中生息。背中から翼にかけてある、白黒の横縞模様が特徴。鳴き声はドアがきしむ「ギイー」という音に似ている。

●アオサギ

No image

「グワァー」

日本で繁殖する最も大きなサギ。翼をゆっくりはばたいて飛ぶ。ここ数十年のうちに増加し、日本中で観察することができる。翼の表面は薄く黒みのある灰色。

●カイツブリ

No image

「エレレレレレ」

カモの子どものような小ささだが、立派な親鳥。通年、公園の池に生息。こげ茶の頭に栗色の頰が特徴。潜水が大得意で、足だけを使って泳ぐ。

●シジュウカラ

No image

「ツツピン ツツピン」

澄んだ鳴き声は、公園や市街地でもおなじみ。森林に通年生息。頰は白く、ネクタイのように頭から喉、腹にかけて黒色。背中は黄緑、翼は青みのある灰色。

●カワセミ

No image

「ピッ チー」

長いくちばしと青い背中、胸腹には鮮やかな彩りが。通年、公園の池などで見られる。水面を低く飛びながら、「ピッチー」と自転車のブレーキ音のように鳴く。

●イソヒヨドリ

No image

「ピーピーピコ」

頭から胸・背中は青、腹は赤褐色。本来は海辺の崖地に生息するが、都心の高い建物や駅周辺、公園にも通年いて、人懐っこい。鳴き声は、非常に美しい。

●カワラヒワ

No image

「キリコロロ」

大きさや体型がスズメそっくりだが、飛ぶと翼の黄色が鮮やかでよく目立つ。植物の種を食べるため、くちばしは太め。高い木のこずえや街路樹などに生息。

●オナガ

No image

「ゲーッ ゲッゲ」

黒い頭に、翼から長い尾にかけてのブルーグレイが美しいが、実はカラス科。公園や住宅地などで通年見られる。カラスのようなにごった鳴き声をしている。

Attention

地面にいるヒナは拾わず、そっとしておいて! 親鳥が必ず見守っています。

菅原貴徳さん(すがわら たかのり)

写真家。11歳から野鳥撮影を始める。東京海洋大学、ノルウェーの大学で海洋学を、名古屋大学大学院で海鳥の生態を学んだのち、写真家に。著書に『鳴き声から調べる野鳥図鑑』(写真・文一総合出版)、『図解でわかる野鳥撮影入門』(玄光社)など。

Text=Kaori Akiyama
Photographs=Takanori Sugawara

秋山香織

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加