「蝶番」はなんて読む?ドアについているあれのこと!

「蝶番」はなんて読む?ドアについているあれのこと!

  • Ray
  • 更新日:2021/10/14

「蝶番」はなんて読む?

「蝶」がつくので虫かと思いきや、生き物ではありません。

そのまま「ちょうばん」と読んでも間違いではないですが、もっと一般的な読み方があるんです。

ドアなど、身近なところでよく使われていますよ!

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

No image

果たして、正解は?

正解は、「ちょうつがい」でした!

番を「つがい」と読むのがポイントですね。つがいは、2つのものが組み合わさって1つになるという意味です。あまり馴染みのない読み方ですが、「鳥の番い」など、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

蝶番とは、扉や蓋などに付いていて、開閉するときに軸となる金具のことです。

蝶番にはいろいろな形のものがありますが、一般的な蝶番は2つの羽と1本の軸からできていて、蝶のような形をしています。この見た目から、蝶番と呼ばれるようになったのです。

なかなか普段意識することはありませんが、開閉動作にはなくてはならない部品なので、身の回りの様々な場所で使用されていますよ。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

💖【素面】はなんて読む?「すめん」以外の読み方を知っていますか?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加