“ハンスト”元山さん 外国特派員協会で会見

“ハンスト”元山さん 外国特派員協会で会見

  • 沖縄RBCニュース
  • 更新日:2022/05/15
No image

沖縄の過重な基地負担を訴えるため東京でハンガーストライキを続ける男性がきょう外国特派員協会で会見し辺野古への基地建設の断念などを改めて訴えました。

今月9日から東京の官公庁前でハンガーストライキを実施している宜野湾市出身の大学院生、元山仁士郎さんが13日に外国特派員協会で会見を開きました。

No image

会見の中で元山さんは、復帰当時から今に至るまで沖縄の過重な基地負担の現状は変わらず、政府が沖縄県民の民意を尊重しているとは言えないとして辺野古への基地移設を断念するよう訴えました。

No image

ハンストを実施した 元山仁士郎さん

「辺野古の新基地建設の即時断念や普天間基地の数年以内の運用停止、日米地位協定の運用にかかるすべての日米合意の公開それらを沖縄県を含む民主的な手続きをへて見直すという3つの要求。それを日本政府が私のハンガーストライキを受けてすぐに動くということを期待はしている」

No image

ハンガーストライキと並行して集めている基地移設の断念を求める署名については13日までにおよそ2万4千人分集まったということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加