阪神伊藤将が7回1失点プロ初勝利、巨人畠4失点で今季初黒星

阪神伊藤将が7回1失点プロ初勝利、巨人畠4失点で今季初黒星

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07
No image

阪神対巨人 プロ初勝利を挙げ、勝利球を手にポーズを決める阪神伊藤将(撮影・前田充)

<阪神7-1巨人>◇7日◇甲子園

阪神はプロ初勝利を狙うドラフト2位伊藤将が3回まで無失点。打線は3回無死一、三塁から二盗が捕手悪送球を誘って1点先制。

阪神は4回に糸原の2点二塁打などで3点追加。5回にサンズの4号2ラン、6回に大山の適時二塁打で1点を挙げ、突き放した。

阪神伊藤将が7回1失点でプロ初勝利。チームは4連勝で首位を守った。巨人畠は4回途中4失点で今季初黒星を喫した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加