玉鷲が単独トップ死守!自身2度目のVに前進 1差で高安、北勝富士が追走

玉鷲が単独トップ死守!自身2度目のVに前進 1差で高安、北勝富士が追走

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/23
No image

錦富士(下)を突き落としで下した玉鷲(撮影・佐々木彰尚)

「大相撲秋場所・13日目」(23日、両国国技館)

2敗だった平幕玉鷲(片男波)が3敗の錦富士(伊勢ケ浜)を突き落として11勝目を挙げ、単独トップを守った。2019年初場所以来、自身2度目の幕内優勝にまた一歩、前進した。

北勝富士(八角)は翔猿(追手風)との3敗同士の対決を突き落としで制し、高安(田子ノ浦)も霧馬山(陸奥)を突き落とし、3敗を守った。

優勝争いは2敗の玉鷲を3敗の高安、北勝富士が1差で追う展開となった。

14日目に玉鷲は4敗に後退した翔猿と顔を合わせ、北勝富士は若隆景(荒汐)、高安は豊昇龍(立浪)と対戦する。玉鷲が勝ち、北勝富士、高安が敗れれば、千秋楽を待たずに玉鷲の優勝が決まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加