これぞ二刀流! 大谷翔平が圧巻の奪三振ショー 自己最多13K、8回2安打無失点で6勝目

これぞ二刀流! 大谷翔平が圧巻の奪三振ショー 自己最多13K、8回2安打無失点で6勝目

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/06/23
No image

ガッツポーズする大谷翔平(ロイター=USA-TODAY-Sports)

エンゼルスの大谷翔平投手(27)は22日(日本時間23日)に本拠地アナハイムでのロイヤルズ戦に「2番・投手兼DH」で先発し、8回を2安打無失点、2度の1イニング3者連続を含む、自己メジャー最多の13三振1四球と好投、今季6勝目(4敗)を挙げた。前夜は3ラン2発、2犠飛で8打点と打で大活躍。一夜明けて投手で無失点投球とまさに投打の二刀流の真価を発揮した。「SHO TIME」に驚きしかない。

圧巻の奪三振ショーだ。初回先頭から連打で無死一、二塁のピンチを迎えるとスイッチが入った。3番ウィットを97・4マイル(約157キロ)の内角高めの直球でバットに空を切らせ、メジャー通算300奪三振を達成。二死後、5番ドジャーを外角低めのスライダーで見逃し三振と無失点で切り抜けた。

2回は6番サンタナからスプリットで3者連続空振り三振。3回一死後、1番メリーフィールドと3球勝負。真ん中高めのスライダーでバットに空を切らせた。4回はクリーンアップ相手に再び3者連続三振。5回もイスベルからカーブで見逃し三振を奪い、2桁に乗せた。

スライダーの切れ、スプリットの落差はいつもと変わらぬ素晴らしさだったが、光ったのはカーブ。これまでは初球に投げるカウント球、見せ球だったが、相手打線の意表を突き、追い込んでから決め球として見逃し三振を3つ奪った。

この日は大人の投球だった。直球は5回に99・4マイル(約160キロ)をマークしたが、思い切り腕を振っている印象はなかった。救援陣の負担を減らすため、1回でも多く投げるために制球重視で球数を減らした。初回こそ22球費やしたが2回以降は12↓10↓13↓13↓12↓14↓12。安定感は抜群で初回に2番ベニンテンディに右前打を打たれてから6回一死後、メリーフィールドを四球で歩かせるまで16人連続凡退させた。

そして最後はギアを上げた。7回一死後、4番メレンデスに対して最速の99・9マイル(約161キロ)を投じ、最後はカーブで見逃し三振。5番ドジャーはスプリットで空振り三振を奪うと雄たけびを上げて、右手でガッツポーズを作った。これでメジャー自己最多の12奪三振。8回二死で8番リベラからスライダーで見逃し三振を奪い、自己最多の13奪三振となった。8回まで投げたのは自己最長タイだ。

一方、打者では3回にチーム初安打となる二塁内野安打を放ち、5回は一死一塁で四球を選び、先制点を呼び込んだ。好投の大谷を打線が7回に援護。レンヒーフォ、マキノンの連続適時打で2点を追加。

今季の大谷のモチベーションはメジャー5年目で初のポストシーズン進出。試合前に2002年のワールドシリーズ制覇を記念した式典が行われた。エンゼル・スタジアムのファンから大歓声を送られた世界一軍団に自らを重ねたはずだ。

14連敗を止めた9日(同10日)のレッドソックス戦は7回1失点、3連敗を止めた16日(同17日)のマリナーズ戦は6回無失点。そして8回無失点…。言葉がない。追い込まれるほど真価を発揮するこれが本物のスーパースターだ。歴史に刻まれる一日になった。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加