ルカクが怒り「あいつだけは絶対に許さない」

ルカクが怒り「あいつだけは絶対に許さない」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2020/05/23
No image

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクがチェルシー時代の指揮官だったアンドレ・ビラス・ボアス監督(現マルセイユ)に対する思いを暴露した。スペイン『アス』が報じている。

母国アンデルレヒトで最年少の16歳で得点王に輝くなど、若くして頭角を現し、2011年夏に念願だったチェルシー移籍を果たしたルカク。だが、18歳のストライカーに待っていたのは大きな挫折だった。

ビラス・ボアス監督の信頼を勝ち取れず、トップチームでの公式戦出場は12試合。ポルトガル人指揮官が2012年3月に成績不振で解任され、ロベルト・ディ・マッテオ氏が暫定監督に就任した後も状況は好転しなかった。チェルシーが優勝を果たしたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)では、1分もプレーすることなく終わっている。

チェルシーの欧州制覇後、ピッチでチームメイトたちと喜んでいたルカクは、ベルギー『HLN』のインタビューで当時の心境を明かした。

「チャンピオンズリーグ(のトロフィー)には指一本触れなかった。僕自身がこのトロフィーを獲得したわけではないからね。これは11歳の時からの僕のスタイルだ。何も貢献していなければ自分のトロフィーではない」

「ディ・マッテオは出場停止の選手やチャンピオンズリーグのリスト外の若手も含めて、みんなが遠征をするべきだと考えていた。憧れの勝利だったので、その時はチームと一緒にお祝いしたいと思っていたんだ」

「クラブには良い思い出があるけど、僕から多くのものを奪った男(ビラス・ボアス前監督)がいる。あいつのことは絶対に許せない」

ベルギー代表FWは加入当初から自身を“冷遇”した指揮官に対し、今でも大きな不満を抱いているようだ。

●セリエA2019-20特集

●プレミアリーグ2019-20特集

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集

●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プレミアリーグは6月17日再開へ!! 英紙が一斉速報、マンCvsアーセナルなど2試合を先行開催
イニエスタ、ラーメン好きだった!「色んなお店を開拓していきたい」
ダッチワイフ騒動の韓国チーム、「あまりにひどい意味不明ミス」がこれ
巨大サッカーゲームで「超すごい若手」だったが、現実で伸びなかった10名
転んだら死。歩くだけでも怖すぎる険しい道をひた走るスペインのトレイルランニング選手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加