阪神・佐藤輝 藤井の失投逃さず2点適時二塁打 大山不在も4番としての仕事果たす

阪神・佐藤輝 藤井の失投逃さず2点適時二塁打 大山不在も4番としての仕事果たす

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/08
No image

4回、2点タイムリー二塁打を放ちベンチに向かってポーズを決める佐藤輝(撮影・飯室逸平)

「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム)

前日、決勝犠飛を放った佐藤輝明内野手(23)が貴重な追加点をたたき出す2点適時二塁打をマークした。

3点リードの四回2死一、三塁で迎えた第3打席。初球に近本が二塁へスタートを切り、2死二、三塁とチャンスがさらに広がる。

カウント2ボールから2番手・藤井が投じた138キロスプリットが高めに抜け、これを佐藤輝は逃さない。完璧に捉えた打球は右翼線にはじき返され、塁上の2者が生還。点差が5点に広がり、二塁ベースで佐藤輝は両手をパンッとたたいて喜ぶ姿があった。

「(島田)うなぎさんが3安打してくれているので、そのうなぎさんをかえすことができてよかったです。ありがとうなぎ!!」

新型コロナウイルス陽性判定を受け、主砲の大山を欠く状況だが、若き4番がバットでチームを引っ張っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加