キスマイ玉森は佐藤健を超えられるか...『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』での躍進支える敏腕女性監督とは

キスマイ玉森は佐藤健を超えられるか...『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』での躍進支える敏腕女性監督とは

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2021/01/12
No image

オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式サイトより

いよいよ今夜、火曜ドラマ『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』(TBS系)の第1話が放送される。俳優陣の中で注目されているのは、まず主人公の鈴木奈未役を演じる上白石萌音。昨年11月から同じ時間に放送されていた『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)の主人公役で、ゴールデンプライム帯連続ドラマにおいて初主演を果たしてから、間をおかないうちの再抜擢となる。作品、俳優陣ともに数々のドラマ賞で高い評価を受けていただけに、『恋つづ』と同じスタッフで挑む『ボス恋』にも期待がかかる。

主演の上白石にも注目が集まっているが、『ボス恋』を盛り上げる重要人物として見逃せないのがKis-My-Ft2(キスマイフットツー)の玉森裕太だ。主人公を翻弄する、“子犬系”御曹司でカメラマンの潤之介役を務める。これまではどこかツンとした役が多かったが、今回は時に優しく、時に無邪気に主人公を翻弄する役どころだ。

玉森といえばジャニーズアイドルのなかでも特に王子のような顔立ちで、ビジュアルのよさはもちろん、2019年に放送された木村拓哉主演の日曜ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)では、ただの“ジャニーズ後輩枠”で終わらない繊細な演技力を見せていた。

その実力を鍛えた一人として、玉森自身が名前を上げているのが、彼が出演した『グランメゾン東京』や『リバース』(TBS系)で演出を務めていた塚原あゆ子だ。

塚原は、昨年放送された『MIU404』(TBS系)など数々のヒット作を手がけている人気監督。現在は、なにわ男子の大西流星主演のドラマ『夢中さ、きみに。』(MBS系)を制作中だが、第1話放送後にはSNSなどでは「ジャニーズというだけで避けてる人がいたら悔しい」と言わしめるほどの出来だった。たしかにキャスティングされただけで華があると思われ、ファン以外の視聴者からは色眼鏡で見られがちなジャニーズ俳優たち。それに妥協しない塚原の作品づくりに、玉森の演技力は鍛えられたようだ。

それにしても、俳優としてのキャリアも着実に積み上げてきた玉森が、『ボス恋』では持ち前の美貌と色気を全開にして、本気の胸キュンを仕掛けてくるのだからたまらない。予告動画でも、屈託のない笑顔で奈未を見上げたり、まっすぐな目で「俺の彼女になって?」と言う潤之介の映像が公開されており、すでに視聴者の心を掴みかけている。しかし潤之介もただのマイペースな青年ではないようで、番宣で玉森は追々明かされてくる「ある秘密」があると話していた。玉森は、潤之介の二面性をどのように演じてくれるのか。そのギャップも楽しみで、彼が、TBS火曜枠の得意とする新たな胸キュン担当となることは間違いない。もしかすると、“佐藤健超え”もあるのかもしれない。

ファッション雑誌編集部を舞台に繰り広げられる『ボス恋』。恋や仕事を通して潤之介が奈未とともにどのように変わっていくのか。俳優としての実力をつけてきた玉森だからこそ、ただの“キュン”で終わらない演技力に期待していきたい。

■番組情報
火曜ドラマ『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』
TBS系/毎週火曜日22時~
出演:上白石萌音、菜々緒、玉森裕太、間宮祥太朗、久保田紗友、亜生(ミキ)、秋山ゆずき、太田夢莉ほか
脚本:田辺茂範
演出:田中健太、石井康晴、山本剛義
プロデュース:松本明子
音楽:木村秀彬
主題歌:Kis-My-Ft2 「Luv Bias」(avex trax)
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/BOSSKOI_tbs/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加