ブレーメン、先制するも追いつかれ首位バイエルンと1-1ドロー。大迫勇也はベンチ入りも出場なし

ブレーメン、先制するも追いつかれ首位バイエルンと1-1ドロー。大迫勇也はベンチ入りも出場なし

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/11/22
No image

【写真:Getty Images】

【バイエルン 1-1 ブレーメン ブンデスリーガ第8節】

ブンデスリーガ第8節、バイエルン・ミュンヘン対ヴェルダー・ブレーメンの試合が現地時間21日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わっている。

ブレーメンに所属する大迫勇也はベンチ入りを果たした。13分、バイエルンのキングスレー・コマンがペナルティーエリアの外から強烈なシュートを放つがゴール左に外れる。対するブレーメンも16分、立て続けに2本のシュートを放ったがバイエルンのGKマヌエル・ノイアーに防がれた。

すると45分、ジョシュ・サージェントがゴール前に折り返したボールにマキシミリアン・エッゲシュタインが合わせてブレーメンに先制点が入る。しかし62分、レオン・ゴレツカのクロスに頭で合わせたコマンにヘディングシュートを決められ同点に追いつかれてしまう。その後はお互いに追加点が決まらず、試合は1-1の引き分けに終わった。

【得点者】
45分 0-1 エッゲシュタイン(ブレーメン)
62分 1-1 コマン(バイエルン)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加