中日・勝野が今季初勝利!ヤクルト・小川との投手戦を制す

中日・勝野が今季初勝利!ヤクルト・小川との投手戦を制す

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/08/01

(セ・リーグ、中日1-3ヤクルト、8回戦、中日4勝3敗1分、1日、ナゴヤD)中日・勝野がヤクルト・小川との投手戦を制し、今季初勝利を挙げた。中日は2連勝。

中日は一回2死三塁、4番・ビシエドが三ゴロに打ち取れたが、三塁・広岡が一塁へ悪送球。その間に三塁走者が生還して1点を先制した。ヤクルトは四回に反撃。1死二塁のチャンスで、4番・村上が左前適時打を放ち、同点に追いついた。

ヤクルト先発の小川は四回から七回まで中日に安打を与えない好投。中日先発の勝野も走者を出しながらも粘りのピッチングで追加点を奪われなかった。

試合が動いたのは八回。勝野が無失点に抑えてマウンドを降りたその裏、中日打線がようやく小川をとらえる。小川の暴投などで無死満塁のチャンスに打席に入った2番・大島が右前2点打。3-1とし、この回に小川をマウンドから引きずり降ろした。九回は中日のR・マルティネスが三者凡退に打ち取り、試合を締めくくった。勝野は8回4安打1失点で今季初勝利。小川は今季初の負け投手となった。

◆中日・与田剛監督 「きょうは本当に勝野が良く投げてくれた。選手たちが勝野を勝ち投手にするために、よく点を取ってくれたと思います。持ち味の真っすぐでどんどんストライクを取っていくという心強いピッチングだった」

No image

先発の中日・勝野=ナゴヤドーム(撮影・岡田茂)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加