名古屋、リーグ7試合ぶりの勝利 仙頭啓矢が決勝点「これをきっかけに浮上できるように」

名古屋、リーグ7試合ぶりの勝利 仙頭啓矢が決勝点「これをきっかけに浮上できるように」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/05/14
No image

◆明治安田生命J1リーグ▽第13節 名古屋1―0C大阪(14日・豊田ス)

名古屋はC大阪を1―0で下し、4月6日の湘南戦(2〇1)以来、7試合ぶりの勝利を収めた。前半のMF仙頭啓矢の今季2点目となるゴールを守り切った。

前半6分、右サイドのスローインを受けたFWマテウスが前線にスルーパスを供給。それに抜け出した仙頭は、ペナルティーエリア右に進入し、相手GKの右手すれすれのシュートコースで決めた。さらに同33分には、FW酒井宜福の左クロスにマテウスが合わせてゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定となった。後半15分には、徳島への育成型期限付き移籍から復帰したばかりのFW石田凌太郎を投入。終了間際、MF稲垣祥のラストパスを受けて石田は、ペナルティーアーク付近で右足を振り抜いたが、惜しくも枠外だった。

試合後、仙頭は「本当に勝ちに飢えていたし、やっと勝ち点3を取れてチームとしても自信になった。全員でハードワークして勝ち取ったのでうれしい」と、ようやくつかんだ勝利に安堵(あんど)の表情。ゴールシーンについては、「マテちゃん(マテウス)がいいボールを出してくれて、2列目から飛び出すことは狙うようにと監督から日々言われていた。フリーだったので緊張したが、ゴールに入って良かった」と振り返った。

リーグ戦では7試合ぶりの勝利を収め、ここから巻き返しを狙う。仙頭は「名古屋はここ(の順位)にいるチームじゃない。これをきっかけに浮上していけるように、連勝できるように全員で戦っていきたい」と気合いを込めていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加