NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
久保建英決勝弾「普段なら確実に入っているシュート決めきれず」一問一答

久保建英決勝弾「普段なら確実に入っているシュート決めきれず」一問一答

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/23
No image

日本対南アフリカ 後半、先制のゴールを決める久保(撮影・鈴木みどり)

<東京オリンピック(五輪):サッカー・日本1-0南アフリカ>◇22日◇男子1次リーグ◇東京スタジアム

日本はMF久保建英(20=Rマドリード)の得点で、南アフリカとの初戦を白星で飾った。

前半から攻め込みながらも得点が取れない展開が続いた中、後半26分、久保はペナルティーエリアの右でサイドチェンジをピタリと止めると、エリア内にカットインして、左足で遠いサイドに狙い澄ましたシュートを決めた。

以下、試合後の久保のコメント。

-今の気持ちは

久保建英 とても安堵(あんど)しているし、うれしさと安心が同じくらいある。

-得点できない時間帯はどう考えていたか

久保建英 1本目のフリーで受けた場面なんかは、普段なら確実に入っているシュートを決めきれず、多少の焦りもあったけれど、逆に何回か打っていることで、「決めるとしたら今日は自分しかいない」と言い聞かせて、結果得点を取れて、チームも勝ててうれしい。

-初戦の難しさはあったか

久保建英 (南アフリカ代表から新型コロナ感染者が出て)あることないこといろいろ書かれたが、ふたを開けたら相手は全員がすごくいいコンディションで、いいチームだった。元から情報に踊らされるつもりはなかったけど、思っていた通りの、すごくいいチームだった。苦戦すべくして苦戦した試合だったけど、最後のところで自分が差を出せてよかった。

-得点場面は

久保建英 ボールをもったら中に切り返して、ファーを狙おうと決めていた。入ってよかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加