「小さな希望の光」ブンデス初弾の上月壮一郎に現地メディアはチーム最高タイ評価!「彼のスピードと遊び心が輝きを放った」

「小さな希望の光」ブンデス初弾の上月壮一郎に現地メディアはチーム最高タイ評価!「彼のスピードと遊び心が輝きを放った」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2023/01/25
No image

ブンデス2戦目にして初ゴールを奪った上月。(C)Getty Images

現地時間1月24日に行なわれたブンデスリーガ第17節で、吉田麻也と上月壮一郎が所属するシャルケは、ホームでRBライプツィヒと対戦。1-6の大敗を喫した。

この試合に、前節ブンデスリーガデビューを果たした上月は、右サイドハーフでスタメン出場。すると0-4で迎えた56分、左サイドのミヒャエル・フライのスルーパスに反応。巧みなファーストタッチでクロアチア代表DFヨシュコ・グバルディオルを振り切り、落ち着いてネットを揺らした。

待望のブンデス初ゴールを奪った上月だったが、試合後に自身のツイッターで「ブンデスリーガ初ゴール。残念な結果で本当に悔しいです。次の試合に向けて良い準備をします」と綴り、悔しさを露わにした。
一方、現地メディア『RUHR24』は上月にチーム最高タイの「3.5」(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)を与え、以下のように22歳を評した。

「彼のスピードと遊び心が輝きを放った。56分にはアリーナに歓喜が沸いた。フライからのパスを受けた上月がシュートを沈めて1-4とした。ロイヤルブルーの新星にとって、これがブンデスリーガでの初ゴールとなった」

また独メディア『Recklinghäuser Zeitung』も「小さな希望の光」と大敗したチームの中で躍動した上月の活躍を評価した。

リーグ戦3連敗となったシャルケは次節、29日にホームでケルンと対戦。上月は最下位に沈むチームの救世主となれるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】グバルディオルを振り切りゴール!上月のブンデス初弾をチェック

【PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加