若隆景コロナの恐怖「息苦しさ若干」体力まだ戻らず

若隆景コロナの恐怖「息苦しさ若干」体力まだ戻らず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

合同稽古で関取衆との申し合いに参加する若隆景(代表撮影)

合同稽古に合流した若隆景が新型コロナウイルスの恐怖を語った。昨年末の12月31日に感染が判明後、初めて取材に応じ「息切れ、息苦しさは若干ある」と、現在も体力が戻っていないことを明かした。

感染時は「40度くらい」の発熱に見舞われ、味覚障がいと嗅覚障がいは元日から2週間以上続いたという。後遺症はないが「すごい怖い病気だなと」。この日の霧馬山ら関取衆との申し合いは11番で5勝6敗。復帰の春場所へ「体力的に戻していきたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加