ヤマト運輸、10月から宅急便に新サイズ - ヤマト便は廃止

ヤマト運輸、10月から宅急便に新サイズ - ヤマト便は廃止

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/07/20
No image

ヤマト運輸は7月20日、今年10月4日より宅急便に180サイズ、200サイズを新設すると発表した。これまで、宅急便の上限サイズを160サイズとし、それ以上の大きい荷物はヤマト便(3辺合計200cmまで、30kgまで)で取り扱っていた。

ヤマト、QRコード決済を全国の宅急便センターとセールスドライバーへ導入

新サイズの提供に伴い、これまで宅急便の規格を超える荷物の発送を受けていたヤマト便を、10月3日荷受け分をもって廃止する。

昨今、ECの利用拡大に伴い、地方の米や特産品、家具・家電など大型の商品をECで購入する機会が増えている。これより、大きな荷物も宅急便として利用してもらうことで、ヤマト便では対応していなかった、クロネコメンバーズの割引制度や送り状発行サービス、さらに配達時の時間帯指定や宅急便センターでの受け取りサービスの利用を可能にする。

180サイズの重量は30kgまで、料金は2400円から、200サイズの重量は30kgまで、料金は2840円から(いずれも現金支払いの場合)。

コンビニエンスストアでは、10月4日時点で180・200サイズの荷物の取り扱いはしないという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加