“10億円詐欺”勧誘役リーダー 店の人脈使いメンバー拡大

“10億円詐欺”勧誘役リーダー 店の人脈使いメンバー拡大

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/06/23
No image

動画を見る(元記事へ)

持続化給付金詐欺事件で、22日に逮捕された勧誘役のリーダーの男が、元飲食店店長としての人脈を使ってグループの主要メンバーを集めていたことが分かりました。

谷口光弘容疑者(47)と太田浩一朗容疑者(34)は、持続化給付金をだまし取った疑いで警視庁に逮捕されました。

グループの関係者などによりますと、谷口容疑者は三重から上京し、東京・六本木の飲食店で店長をしていた太田容疑者と知り合いました。

太田容疑者は、メニューにない高級な酒を谷口容疑者にサービスするなど意気投合して、飲食店の人脈を使って十数人に及ぶグループの主要メンバーなどを集めていたということです。

警視庁は、太田容疑者がグループが急拡大したキーパーソンとみて、捜査をしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加