旅行代金割り引き「新しい旅のスタイル」予約受付開始 観光地は「うれしい悲鳴...」 北海道

旅行代金割り引き「新しい旅のスタイル」予約受付開始 観光地は「うれしい悲鳴...」 北海道

  • HBCニュース
  • 更新日:2021/10/20
No image

動画は元記事でご覧いただけます

旅行代金を最大で半額割り引く、道の観光支援策「新しい旅のスタイル」の予約が、14日、再開されました。
客足の回復に期待を寄せる温泉ホテルの電話は、鳴るのでしょうか?

山肌からゴウゴウと煙がたちのぼる硫黄山(いおうざん)。道東の弟子屈町の川湯温泉です。
源泉かけ流しが売りの川湯観光ホテルも、「新しい旅のスタイル」に客足回復の期待を寄せるホテルのひとつです。

川湯観光ホテル・中嶋康雄代表取締役
「9月においては緊急事態宣言で大きくマイナスの影響が出ておりまして、お客様の数が相当数減った状況でありました。大変厳しい時期だった」

旅行代金が最大で半額が割り引かれるこの事業は、全道を6つのエリアに分け、住んでいるエリア内で1人か、同居する人との旅行に限定されます。

道東の弟子屈町の川湯温泉のホテルには、予約開始前から問い合わせの電話が来ていました。

川湯観光ホテル・中嶋康雄代表取締役
「まもなく12時から販売開始となります…」

正午をすぎると予約の電話が途切れることはありません。こちらのホテルでは、午後1時までの1時間で、30件もの予約が入りました。

一方、同じころ、函館の湯の川温泉のホテルでも予約がどんどんと埋まっていきます。

ホテル万惣・幸田敬司総支配人
「(30分で)インターネットで14~15件、電話で30件くらい受けている。今までこんなこと、最近なかったので、うれしい悲鳴なんですけど予約は今大変な状況になっています」

「新しい旅のスタイル」の利用期間は、15日の宿泊から来月15日のチェックアウト分までです。

10月14日(木)「今日ドキッ!」午後3時台

HBC北海道放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加