NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
なでしこ岩渕真奈「全員の気持ちが乗ったゴール」敗戦寸前、起死回生同点弾

なでしこ岩渕真奈「全員の気持ちが乗ったゴール」敗戦寸前、起死回生同点弾

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2021/07/23
No image

後半、同点ゴールを決め、なでしこジャパン・田中美南に祝福される岩渕真奈(撮影・金田祐二)

「東京五輪・サッカー女子・1次リーグ、日本1-1カナダ」(21日、札幌ドーム)

起死回生のゴールでなでしこジャパンのエースが、敗戦の危機を救った。

0-1で迎えた後半39分、MF長谷川唯の後方からのロングパスにFW岩渕真奈が反応。追いすがる相手DF2人を振り切って裏を取ると、ノートラップで右インサイドでシュート。狙い澄ました一撃は相手GKの右を抜け、ゴールに吸い込まれた。

「初戦の難しさがある中で、開始5分くらいに(失点して)面食らっちゃったんですけど、なんとか勝ち点1につながるゴールになってよかったです」と同点弾を振りかえった。

国際ランキング10位のなでしこジャパンが迎えた初戦。同8位で五輪2大会連続銅メダルの難敵カナダとの対戦。前半6分、MFシンクレアに先制ゴールを奪われ、いきなり劣勢に立たされる展開。前半は膠着したまま決定機を作れずに終えた。

屈強な相手に対し苦戦を強いられた。攻撃のエース岩渕、司令塔の長谷川にボールが収まらず、劣勢のまま試合は進んでいた。高倉監督も「あのワンチャンスで決め切ってくれた事は非常に頼もしい」という同点弾は2人のホットラインから生まれた。

岩渕は「あのシーンまでは足元で受けることが多かったんですけど、ボールを持っていたユイ(長谷川)もフリーでしたし自分も裏に走って。センターバックの裏が弱いかもっていうスカウティングもあった。全員の気持ちが乗ったゴールだったと思います」と明かした。

日本は24日にカナダより上位の同6位の英国と対戦、27日に37位のチリと対戦する。決勝トーナメントには各組上位2チームと、3位チームのうち上位2チームの計8チームが進出できる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加